FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

念願かなってようやく撮れた鳥さん、あるいは思いつきもしなかった鳥さんを紹介します。
正直いって人様にお見せできるようなシロモノではないんですが、
そこはまぁ、牛柄はこんなのを見たんだよ、という証拠写真程度にてお納めください。



070924 コサメビタキ1

  出目金がクルミの枝に留まりました。
  ・・・・じゃない、コサメビタキでしょうか。
  遠目でもわかる大きな目に白いアイリング、
  目の特徴だけをいえば、メジロにモズちんやジョビィを掛け合わせたようなもんです。
  そういや鳴き声も複雑。
  メジロを真似てみたり、シジュウカラの真似してみたりと、鳴き声だけではなかなか正体が判りませんでした。
  今回、ようやく写真に撮れたことで、じっくりと何だか調べる機会がもてました。


070924 コサメビタキ2

  体色は鮫色、というかぼやけたグレー。
  胸には曖昧な薄い縦班と、全くもって地味系な鳥さんです。
  でも、この目の大きさにはちょっと驚きますわ、さすがヒタキの仲間。



070924 カケス

  梵字川の土手道の、開けたところを歩いていると、やたら空が気になる。
  つい何かが飛んでないかと探してしまうのだ。
  で、カケスの群れ発見。
  飛んでる姿は無口でかっこいいのに、
  樹に留まったとたん、何であんなにウルサイんだろう?
  

070924 サシバ

  山際からピューと飛び出してきて、ピューと山陰に隠れる。
  それを何度も繰り返す、サシバさん。
  お願いだから、もちっとゆっくり飛んでくれ~。



梵字川に架かる鉄橋をくぐり、今やすっかり水量の減った堰堤下のせせらぎ方面に目をやると、
カワセミが一生懸命に飛び込みをしてた。
遠巻きに様子を伺っていると、なんと!3羽が同じ場所に。
家族なのかな? 親1×子2 か、 それとも 親2×子1 か。
基本的に単独行動な鳥さんだから、やっぱり家族なんだろう。


070924 カワセミ1

  そのうちの一羽。
  ちょっと振り向き、カメラ目線を感じますが・・・。
  ・・・バレた? いやバレたらすぐ逃げちゃうヤツラだよなぁ。
  遠いから、気を許してるのかな。


070924 カワセミ2

070924 カワセミ3

  何度パシャパシャ撮っても、みんな同じポーズ。
  ってか、もっと近くで見たいよ撮りたいよ。
   (下の小さい画像はクリックすると大きくなります。 これすらもトリミングしたくらいに遠いんです。)



070924 カワセミ4

  移動した一羽です。
  ・・・・さらに遠くなってしまった。
  でも腹側を見れたから、いいか (綺麗なオレンジを見たかったんだけどね、何だこの汚れは)。



おとつい、イヌの散歩で夕焼け空の下を歩いていると、
大きなシルエットの鳥たちが5・6羽、きれいな編隊を組んで飛んでいきました。
何だろうと思って目を凝らすと、アオサギ軍団。
へぇ、編隊組んで、というか群れになって帰宅するんだ。
個人主義なアオサギさんだとばかり思ってたので、ちょっと意外な面白い光景でした。
それにしても、どこに帰っていったんだろう?
スポンサーサイト



コメント

最初の鳥は地味ですね~ 木立の中でこれは写し辛そうです!
でもこの顔、きっとモズ子さんみたいに可愛いだろうと思わせます^^
カワセミ、メタリックな色が離れていても 凄い目立ってる、いいなぁ~ 初めて見たらきっとドキドキするだろうなぁ。汚いオレンジのお腹って..まだ若いとか換羽とか雌雄の違いとか...なんででしょ~(??)

コサメビタキさん、ヒタキの仲間らしく可愛いですね~。
日焼けしたメジロみたいですよ。^^
カワセミさんの羽の輝きは格別!宝石以上ですね!
私が見た時は、お腹しか見せてもらえませんでした。
あんまり体の向きを変えないのかもしれません。
カワセミさん親子(?)を守るために、場所が分らないようにしたほうが良いかも。
1.7倍テレコンが欲しいですね~。

コサメビタキかわいいですね、結構好きな鳥です。
何度も同じ枝に戻ってくるので狙い撮りしやすいですね。
カワセミってとまっている時はみんな同じようなポーズになっちゃいますよね。
雄雌の餌の受け渡しとか見てみたいんだけどなぁ・・・
アオサギの軍団・・・ちょっと怖いかも(‥;)

>florさん
ずっと前に秋田は仁別の植物園で見つけた鳥さんも、たしかこの鳥でした。
あのときも見づらかったが、今回もキビシイ。
もっと邪魔なく姿を見てみたいものですね。
でも・・・夏鳥のようだから、葉がなくなる季節には居なくなっちゃうのかなぁ。
カワセミのキチャナイオレンジ腹のやつ、何者なんでしょうね。
別の個体のは綺麗だったりするから、幼鳥とかなのかな。

>fumiQさん
目ぇ大っきいですよね^^
日焼けした、というよりは薄汚れたメジロのような気がしないでもw
カワセミの羽根の色って、他にはないような金属的なツヤがありますよね、ある意味カラスと共通?
体の向きを変えなくてもしょうがないけど、あの頭をピコピコする仕草は見たかったなぁ。
ってか、遠くて気づかなかっただけ? もっとも静止画では何だか分からないのは当然か。
大丈夫、「ここにはカワセミが居るよ~ん」 って教えたって、物好きでもわざわざ来ようとは思えないようなトコロですから。

>かげさん
コサメさん、こんな一瞬じゃなくてもっとじっくりと見てみたいものです。
特徴がはっきり、今後すぐに見分けがつくようになれるくらいにね。
このときは2羽いて、互いに呼び合って合流、その後去ってしまいました。
最初カワセミたちは川を挟んで離れてたんですが、片方の奴が魚を捕ったあと、そのまま対岸にいたコたちのところへ飛んでったんですよ。
もしかして、子供へのエサ渡しをしてたのかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/430-510bd4ee

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング