野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、早起きしました。
それも、4:50に。
前後して弟も起き出し。
あ、弟は出張のためね、山形で仕事だとか。
なので、アイツには 「お土産は味マルジュウ (醤油かな? 山形の芋煮や“だし”には欠かせない) ヨロシク!」
と頼み (何で醤油なんぞ・・・と文句を言ってたが)、俺は俺で出かける準備をする。
6時出発だと聞いていたのに、その6時を過ぎてもおふくろは暢気に寝巻き姿で弁当を作っていた。
どうやら予定変更、7時出発になってたらしい (何で俺に言わない!)。

八郎潟に住む叔母の家に向かい、そこから 「安の滝」 へと出発したのは8時過ぎ。
 (ドライバーは従妹だ、アイツの車はSUVだからな)
具体的に 「安の滝」 がどこにあるか、俺は知らん。
なんせ、秋田歴短いもんでな。
とにかく山奥、途中から砂利の悪路を行き、駐車場についたのが10時。
そこからは徒歩だ。


071006 安の滝 道標

  あの大被害を出した大雨の前に、従妹は一度行ってたらしい。
  遊歩道は全く様子が違ってしまったとのこと (確かに歩くトコロが無くなってたわ)。
  そんな足元の不安定な道の途中にあった、道標。


071006 安の滝1

  しばらく歩いて、ようやく姿が見えてきた。


071006 安の滝2

  ここまで45分、「安の滝」 のほぼ全貌が見える場所。
  
「安の滝」 には悲恋伝説があり、どういうわけか縁結びの滝として知られているらしい。
 (縁結びどころか、縁そのものにも縁がなさそな俺には、何の霊験もなさそうだ)
また、日本の滝百選にも選ばれている (サイトによっては1位だとか2位とか書いてるけど、何を根拠に?)。
2段状の滝になっており、落差は90mだとか。
下の滝の下半分が写りきっておらんがな。

  
071006 安の滝4

  上の滝の天辺。
  この上はどうなっているんだろう? どこから水が出てるのかな。


071006 安の滝5

  上の滝のほぼ全景。
  滝全体が見渡せる先ほどの場所から、もう少し上ることができ、
  上の滝の下まで行けます。
  ただーし! そこまでの道のりは結構険しい。


071006 安の滝6

071006 安の滝 上の滝つぼ

  上の滝の滝つぼです。
  引いた写真だと、その大きさがよく分かります (右に写ってる人物と比較してくだされ)。


071006 安の滝 上の滝を背に

  上の滝を背に、下の滝の天辺にあたるところまでは、なんとか歩いていけそうです。
  水量の多い時には無理だけどね。


071006 安の滝 下の滝の天辺

  下の滝の天辺から、下を覗いてみました。
   (良いコは真似しないよーに! 手すりも柵もありません、落ちたら市ぬで)


071006 安の滝 上の滝の別の流れ

  上の滝から90℃別方向を見ると、おそらくは水量が多いときにはここも滝となるであろう、細流が。
  そんなのがいくつも走っておりました。


行きは途中写真を撮ったり、叔父がキノコを発見して採集したりと、時間がかかってしまいましたが、
帰り道の早いこと早いことw
一旦車に戻って昼飯かつぎ来た道を途中まで引き返し、川岸の岩場でピクニック。
そしてその後は・・・・・温泉へGOですな。
この続きはまた明日。
スポンサーサイト

コメント

お~ ご無事でしたか! 何時も更新があるのに無いので 何か良からぬことでも。。。と心配しましたお。
これヤスノタキと読むのね、アンかと思いました。牛柄さんの場合 縁に縁がないと言うより興味が無さげと言うのか。。。自分でそっぽ向いてると言うのか(笑)硬派っすね?
八幡平とか乳頭温泉に行ったのではという予想 近かったかな!? 温泉たのすみ。

全然更新がないので、てっきりデートかと。
予想は的中でしたね!^^
90mの滝ですか・・・ 下から眺めたとしても足がすくんで動けなくなりそうです。^^;
大雨の直後に見ると凄い光景が見られそうですね。
明日の温泉楽しみにしていますよ。
さてさて、どんな写真になるのかな?^^

↓前の記事ですが、そういえば、今年牛柄さんが見たカマキリって、
体の一部分ってのが多かったですね。(笑)

デートでしたか(^^ゞ
たしかこの滝、以前なにかのクイズ番組に出ていたような。
滝のすぐそばまで行けるんですね、ちょ~おもしろそう。
滝の横の景色も凄いですね~
上からウォータースライダーとか・・・死にますね(‥;)
温泉編、楽しみです。

気持ちの良さそうな場所ですねぇ。
見ているだけでマイナスイオン効果抜群ですw
いつも小さな世界ばかりを覗いているので、たまには普通のレンズで自然を撮らなきゃダメだなぁと思いました。

>florさん
いや~、昨日は写真の整理をしているうちに飽きちゃって^^;
 (連続シャッターに切り替えてたのを忘れて、無駄に枚数だけが多かった)
縁とかはね、もういいですよメンドクサイw
なので、別に硬派でもなく、やっぱり興味がないダケ!?
紅葉の八幡平ならともかく、何故に乳頭温泉?
おふくろは自分が運転しないもんだから気軽に言うけれど、日帰りで遠方まで温泉は、疲れが勝るよなぁ。

>fumiQさん
デートの面白みよりも、面倒臭さの方が勝つお年頃ですよw
大雨の直後の滝は見ものでしょうけどね、でもたどり着けないと思われ。
見るとしたら・・・ヘリチャーターして上空からか?
温泉編は残念ながら、温泉とはあまり関係ないハナシになりそうです^^;
カマキリの一部分って、カマだけとか?
全体像を写してないってことかな。

>かげさん
いやだから、デートでは・・・。
この滝は、たぶん夏なら滝つぼで水遊びができると思いますよ。
水面が真っ黒に見えるくらい深くて、水深何mだか分かりませんけどねw
ウォータースライダーに格好の斜面っぽそうですが、実際は垂直に切り立った崖のようなものですよ。
滑走というよりは、墜落の方が正確かもw

>dada042さん
いったいどれだけ空気が違うんだろう? と期待してたんですが、
その期待が大きすぎたのか、「あれ~?」 てなくらい普通の空気でしたw
でもまぁ、行って損はないところでしたよ、天気もよかったし^^
風景写真って、俺にはかなり難しい・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/439-d695676d

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。