野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、出勤のために車を出すと、警察のバンが路駐していた。
そして、追いかけるようにやって来た、警察バスが3台。
そうか、明日は 「秋田わか杉大会」 の開会式。
今度は皇太子がやってくるから、会場の下見に来たんだな。

信号を曲がり国道に出ると、朝のラッシュ時にもかかわらず対向車線はがら空き。
しばらくすると、遠くから・・・。
黒塗りが何台か、そして対向2車線の幅いっぱいに、二十数台の白バイの編隊。
思わず 「うぉ~っ!」 と声を上げ、脳内では西部警察のオープニングシーン (BGM付き) 
後続にはパトカー・黒塗り、そして追い越すに追い越せない、一般通勤客のマイカー渋滞w
朝から面白い見ものに出会った、俺でした。

とまぁ、そんなことはさておき。
昨日の続き、日曜日の散策編です。



合流点、岩見川方面で野鳥を楽しんだ後、
梵字川に戻り護岸ブロックの上を歩いているときだった。

岩見川もそうだったが、梵字川も水量が多い。
水が引けばせせらぎとなる流れも、このときはまだ大きな淵のよう。
堰堤も落差はなく、上流へと向かうウグイたちの飛び跳ねる姿も無い。
その堰堤の上に、ひときわ大きな魚影が。



071007 サケ1

  真っ黒くて、最初目を疑いましたが、確かにサケです。
  そうか、もうサケの上る季節か。
  季節は、巡る。


071007 サケ2

  去年見つけて、撮ろうとしてあれだけ逃げられていたものですが、
  なんだかこのサケは、俺の存在に全く関知しません。
  真上から撮影なんか、去年は全然できなかったもんね。
  ちなみに水面までは、およそ2.5メートルくらいでしょうかね。

  体中傷だらけ、化膿して水カビにもやられてそうです。
  こんなになってまで、彼らはここへ帰ってくる。
  

071007 サケ3

  だいぶ弱っているのだろう、油断すると流れに体を持っていかれ、
  せっかく上った堰堤の下に引きずられそうになります。
  あるいは目が見えないのか、コンクリの護岸や堰堤に鼻先をぶつけることもしばしば。

  
071007 サケ4

  このときの梵字川の堰堤の落差は、15~20cmほど。
  もう少し季節が進むと、もっと落差が大きくなるはずです。
  他のサケたちも、上るのは今がラクなんだけどなぁ。


071007 サケ5

  そんな、まだ仲間たちが追いつかない中を先頭きってやってきたサケ。
  ひとりぽっちのこのメスは、オスのいない中これ以上遡上するのは待つことにしたのだろうか。
  俺がこの場を離れるときも、この浅い丸見えの場所で、
  流れに負けない程度にゆるゆると彷徨っていました。



そんなわけで、
ようやく国体も終わり、街も静かに近所の渋滞も解消されたかと思ったら、
またまた明日からウルサそう 大賑わいとなりそうです。
まぁ、数十年に一度のイベントだから、しょうがないんだけどね。
 (こんなイベントでもなきゃ活性化されない廃れた街って、どうかと思うぞ)
スポンサーサイト

コメント

そうか~ もう鮭の季節なんだね、一年は早いね( ̄^ ̄)ウンウン
必死に本能の命ずるまま生きる様はいつ見ても感動しちゃう。 自分はこんなに必死に生きてないからかな…
溯上用の魚の道があるとはいえ魚たちも大変な悪路だね。 命がまた繋がって行きますように( ..)φ
皇太子のお出迎えも行くの?

>>(こんなイベントでもなきゃ活性化されない廃れた街って、どうかと思うぞ)

まぁまぁ、明日はスギッチバスの大群を見て
心を癒しましょうww

一人ぼっちじゃ事を済ますことが出来ない・・・
普通、一番乗りって嬉しいものですが、サケの場合は違うようですね。
せっかく頑張って来たのに、淋しいと言うか・・・むなしく見えてしまいます。。

ここにたどり着くまでに、傷つき体力を使い果たしたようですね。
今は静かにして体力を回復しているように思えます。
オスはどこで何をやっているんでしょう?
女の子を待たせるなんて…
オス早く来~い!^^
猛禽たちに狙われないことを祈ります。

うぉぉっ

酒! いや、鮭だっ!
なんと、ワタクシも一昨日盛岡に帰っていて、
本日サケの遡上をアップいたしましたので、
早速TBさせていただきました。

私が見る地点では、
力尽きて死んでしまうサケが多いです。
でも、カラスも見向きもしませんね。
なんだか痛々しいと思いつつ、
この季節になると川に行って
「おかえりなさい」を言いたくなります。

おお~サケ!
梵字川にはサケがのぼってくるんですか(@_@;)
青森の山のほうでは雪が降ったとか、北のほうはいつの間にか秋から冬へと変わりつつあるようですね。
最近忙しくてネットする暇がなかなか取れなくて、コメントが飛び飛びになってしまってます。

>florさん
早いもんですよねぇ。
去年サケを見つけて驚愕して、あれからもう1年かぁ。
 >死に本能の命ずるまま生きる様はいつ見ても感動しちゃう
それ、なんですよね。 そのプリミティブな姿に動かされ、応援したくなる。
皇太子のお出迎えは、あまり関心がなかったんでスルーしました^^;

>仲村さん
天皇陛下のお出迎えのとき来ていた神奈川県警のニイチャン、また来てましたよ(おふくろがしっかり顔を覚えてたw)。
金足線から中央道に行く道に警官がみっしり居たんで、そこを皇太子が通過予定だったんだろなぁ。
スギッチバス、思ったほど多くなくて、少しラク~^^

>dada042さん
今朝梵字川に行ったら、地震でもないのに水面が揺れてるんですよ。
何だろうと思ったら、サケが猛スピードで遡上して行った際の波でした。
短時間に2匹を見たんで、上がってきているサケはもっといるはず。
もう大丈夫ですね、これで4年後も安心です^^

>fumiQさん
海から雄物川に上がり、岩見川への道を取り、梵字川へと帰ってきた。
それだけでもスゴイことだ思います、現実にあの汚い川を見たら、ますますその思いが強まりますね。
なぜこの川を選ぶのか、悠久の昔の記憶、遺伝子に操られてとはいえ、体を壊してまでも彼らには帰ってくる価値のある場所なのでしょう。
今朝はオスの姿もあったので、まずは一安心といったところです。
あとは、卵を狙うヤツラだよなぁ。

>白あずきさん
あ、帰省されてたんですね。
そういや岩手でのサケの遡上のニュースが流れてましたよ。
俺もさっそくTBさしてもらっちゃお^^
生きたサケを狙うほどの大物といえば、クマくらい。
でもそんなのそうそう居るわけでもなく、死骸は残ることが多いですよね。
去年観察したかぎりでは、カラス・トビ・ノスリがタカってました (ちゃんと皮は残してる)。
「おかえりなさい」、まさしくそう、どんな魚よりもサケにそう強く思いますね。

>かげさん
ええ、この汚い梵字川にすらサケは上ってくるんですよ。
去年発見して、俺的には驚天動地の出来事でした。
秋も深まり、とはいうけれど、要は寒くなるってことですもんね。
今朝の気温は7℃、ストーブがなきゃやってられません(涙
コメのことは気になさらんでも。 空いたときに気ままにでいいんですよ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/444-5f2c262e

おかえりなさい

ただいま! 北国から帰ってきましたっ! まぁ、北国は北国ですが、実家の盛岡に帰っただけだったりして・・・。 さて、何度も紹介している盛岡ですが、 今日はこの季節ならではの盛岡の風物詩をお届けします。 盛岡

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。