FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

いやー、昨日はすんません。
風邪で休む人が多くて、そのカバーに疲れきり、
おまけに俺自身もヤバイかなという体調で帰宅してみれば、
家では、非常に不愉快な出来事が待っていたわけで。
あんまり腹が立ったもんだから、飯も食わずに引きこもり、酒を飲んでとっとと寝たんですわ。
傍から見ればガキのような行動だったろうけど、それだけムカついたわけ。
やっぱ、一人暮らしの方がラクだわ。


なんて愚痴はこれくらいにして。
本当なら昨日UPする予定だった記事を。



すっかり忘れてましたが、
土曜日の散策では、いろんな鳥さんの姿を見ることができました。
  牛柄メモ 目を惹いたもの
     ウグイス エナガ シジュウカラ カケス カワセミ メジロ ホオジロ アオジ カイツブリ カルガモ アオサギ カシラダカ
      声だけホンドリス シマヘビ サケ 


そんな中、合流点の突端に行くと、


071013 カルガモ

  カルガモが一羽、岩見川の対岸から泳ぎだし、こちら岸へ。
  合流点は川幅がもっとも広い場所。
  その水面を、スタートからゴールまでグワグワ鳴き通しで渡りきりました。
  と、思ったら、
  今度は来た道をまた戻り。
  しかも、これまた鳴き通しで。
  そして対岸に到達。
  しばらく休んだのち、再びこちら岸へ (もちろんグワグワ言いながら)。
  ・・・・・何を考えているんだか、サッパリ解らん。



071013 ホオジロ

  秋の青空の下、三角地帯ではホオジロが。
  さえずりではなく、今や 「チ、チ。」 という地鳴きに変わり。
  似たような鳴き声では他にカシラダカやアオジがいるけれど、今はしっかり区別がつくもんね~。


明けて、日曜日。
散策しても、鳥さん出ぇへん。
寝坊したのがマズかったか。


071014 カシラダカ1

  帰り道、キウイやらクリやらが生えている、誰の地所かも分からない場所にて。
  この地に帰ってきたカシラダカが2羽、そこで密会ってました。


071014 カシラダカ2

  上のと同じ個体だけど、冠羽が寝ちゃいましたね。


071014 カシラダカ3

  ちょっとお顔をしかめてみたりしてw



   ≪ お ま け ≫

071014 サケ

  梵字川の堰堤から少し上流、ばあちゃん家のある集落の橋の下、
  サケがうろうろしてました。
  去年やった10数年ぶり、もしかしたら数十年ぶりのす竣工事で様変わりした、
  川の様子に戸惑っているのでしょうか。
  どこまで遡上しようというのか、このあとさらに上流へと向かっていきました。



天気予報によると、明日から崩れて土日は大荒れだとか。
どうせ荒れるなら平日に。
週末だけは晴れて欲しいよなぁ (ストレス解消が・・・)。
スポンサーサイト



コメント

なかなかきれいなカシラダカですね~
カルガモはディスプレーでもしていたのかな。
ホオジロも地鳴きですね。
東京のほうでもホオジロやウグイスが地鳴きしています。
もうじきアオジも来るかな。
週末天気悪いのか・・・現場なんだよなぁ・・・

おかえりなさーい

もう、怒りは収まりましたか?
実は私も昨日怒り&滅入ることがあり、
最近体調がイマイチなこともあったので、
今日はお休みしてしまいました。
で、休んだら、ますます滅入ったりして・・・。
かわいいカシラダカペアに癒されました。
ありがとう。

カシラダカ こんなに可愛い顔でした? 今回 モヒカンだけでなく顔も可愛い事に気がついた~
カルガモは仲間を読んでいたのかな? そうでなく意味無く..だったらほんまに阿呆ちゃうん?むしろそういうキャラであってくれたなら楽しいのだけど!
鮭の写真は水草に目が行きました。牛柄さんは汚いと言うけどいい感じじゃないですか。無事産卵出来る場所が確保出来るといいけどね、川床は変わってないの?

やな事があったら 思いきり腹立てていいんじゃない? 綺麗な事言ってたらもっと体に悪そうだし^^; んがwっと酒飲んで忘れよね。水に流しやすいのが家族かも?
他人だともっとしこりになるもの。

"牛柄メモ"何気に凄いラインナップですね!
ウグイスとかカワセミとかサケとか、
見ようと思ってもそう簡単に見れるもんではないですよ。
岩見皮も梵字川も凄い場所だなぁ~。
カシラダカ、とても綺麗に撮れてますね。
(頭が逆立っていないなら、スズメと見分けがつけられないかも。^^;)
下から2枚目を見て、初めてカシラダカを可愛いと思いました。(笑)

ストレスが溜まっているときって、更に理不尽なことが起こりますよね~。
弱り目に祟り目と言うのかな。
そんなときって早めに爆発した方が勝ちかもしれませんね。

>かげさん
渡って (山から降りて) きたばかりのこの時期、カシラダカにこんな近くまで寄れるとは思ってませんでした。
丸見えだったし―――疲れてたのかな? だからあんなヘンな顔?w
カルガモのあれは、ディスプレーなんですかね。
他に仲間がいないところをひたすら鳴き渡ってたんですよ、あの広大?な水面をね。
ほんと、何やってんだろ??? という、なんとも妙な光景でしたw

>白あずきさん
体調イマイチだと、普段気にかけないこともカチンと来るもんですよね。
まして疲れてるときだったんで、もう大爆発w
対処法は人それぞれですから、いずれ回復するのでしょう。
拙いカシラダカの写真ではありますが、一助になれたようで嬉しいです^^

>florさん
カシラダカ、かわいいっしょ^^
エナガたんとはまた違う感じで、いいなぁと。
なんつーか、素朴?
カルガモはホントに何考えてるんだかヤレヤレ、といった感じでしたよ。
いつもなら俺に気づくや、飛んで逃げるのにね。
梵字川のす浚は、川床の泥さらいが目的だったようなのですが、結果としてゴミさらいだったわけで。
それが無くなったから、砂地やブロック地が出てきています。
サケは砂地や礫地に産卵し、卵が泥をかぶるとダメになるそうです。
写真のとこはまだ綺麗に見えるけど、実際は殆どの川流はキチャナイですよ。
   (家人だからこそ、ムカツクんですよ)

>fumiQさん
言われてみてあらためて、じつは梵字川なり岩見川沿いの環境って、スゴイんじゃないかと。
他の場所で、普通に近所を散策して会えるものなのかな、とか、
いや多分皆が気づいてないだけじゃないだろか、とか (こっちが正解だと思いたい、まだまだ日本は捨てたもんじゃないよと)。
カシラダカの集団は、確かにスズメに似てるかも^^;
でも棲んでるとことか鳴き声が違うし、性格も大分違うから (スズメの喧しさは無いw)、見ればすぐ判るかもね。
  (何度同じコトを怒っても一向に革めない家人には、理不尽でも俺があきらめるしかないのでしょうか)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/449-63177b10

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング