野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、朝からいい天気。
日中には雲ひとつない快晴となり。
風もなく、ほのかにぬくい突き抜けるような青空なのに、何で会社にこもって仕事せにゃならんのかと。
こんな良いお天気は、週末に取っておいて欲しいものですな。

というわけで、平日にはお外に出れるはずもなく。
以下は日曜日の散策でのお話です。



秋の野にだって、花はちゃんとあります咲きますよ。
だけど、野を色とりどりに染めるのは、なにも花だけじゃない。
日曜日の散策で出会ったのは、いろんな実たち。
それらを撮った順番で並べてみましょうか。



071021 アカネ

  まだまだ未熟ですが、この半端な色付き具合がなんともいえない、アカネの実。
  皆さんご存知かとは思いますが、この草の根は染料になりますね。
  沢山生えてるから、一度は染色を試してみたいものです。



071021 ノイバラ

  季節にはあちこちで白い花の群生を楽しんだ、ノイバラ
  今の季節はもちろん、赤い実がてんこ盛り。
  遠くから見ると、まるで赤い小さな花が咲き誇っているかのようです。
  ただ・・・・上手く撮れないので、これでご勘弁。



071021 オオマルバノホロシ1

071021 オオマルバノホロシ2

  前にも一度、ご紹介しましたね。
  オオマルバノホロシの実です。
  観賞用のカラフル唐辛子のような実の形、鮮やかな赤。
  ちょっと萎れても、とってもオイシソウに見えました。



071021 ツタ

  意外と知らなかったんですが、ツタにも実がなるんですな。
  今は無き甲子園の外壁のツタも、こんなふうに黒い実がなってたんでしょうか。



071021 ヒルガオ

  最初見つけたとき、アサガオの実かと思いました。
  だけどアサガオの花なんて、見た記憶もなく。
  よくよく考えたら、そこにはヒルガオが沢山花を咲かせてたのを思い出しました。
  そう、同じヒルガオ科、実までそっくりなんですね。
  ちなみにこのあと実を割って種を確認しましたが、やっぱり種までアサガオそっくりでしたよ。


  
071021 ノブドウ

  正直、俺はノブドウの実って、あまり好きじゃありません。
  なんつーか、いびつな感じと変な色づき。
  虫こぶそっくりですよね。
  だけど、これは目を惹きました。
  房すべてが真っ白の実、まさかアルビノじゃないよね (ってか植物にアルビノあったら、生きられんだろ)。



071021 ヘクソカズラ

  最後にもってきたのは、ヘクソカズラ・・・・っと、サオトメバナの実です。
  つややかにも美しい実ですよね。
  花だってあんなに可愛らしいのに・・・カワイソウな名前だ。



上の話とは全く関連がありませんが、
最近の食品に関するさまざまな偽装行為には、あきれて物も言えませんな。
身近なところでは、地元・秋田特産の比内地鶏の件。
今まで食ってきたものにすら、 「あの時食ったアレは本当に比内地鶏だったのか」 という疑惑が浮かんでしまいます。
 (ちなみに発端となった燻製とかゆーヤツは、地元スーパーでは見たことがナイです)
どっちにしろ、秋田に泥を塗ったのは間違いありません。
それにしても昨日の社長の会見、あんな超訛りで、全国の皆さんは話が解ったのだろうか。
ローカルニュースでしか見なかったけど、全国ニュースでは字幕が出てたのかなぁ。
さすがに新聞では意訳して社長の発言を載せてましたね。

もっと最近では、7月に出張で鈴鹿に行ってきた弟のお土産、赤福。
あれはゼッタイに偽装品だと思うぞ。
だって冷凍お持ち帰り品だったもーん。
スポンサーサイト

コメント

ノイバラの実が真っ赤ですね。
私が見るものは、ほとんど朱色。こんな真っ赤なのは見たことないです。
あのツタにも実が生るんですか!?
へぇ~知らなかったです。花だけかと思っていました。
甲子園のツタは、全国の高校野球部に配られているそうですよ。
いずれ甲子園に戻すそうです。

白いノブドウの実は… 爬虫類の卵みたいですね。(笑)

おみやげ

最近おみやげ買うことが多いこともあるせいか
「食べれりゃいいだろ」みたいな感覚です。
バイトした御菓子屋さんでは、倉庫から出した日
に製造日のシール貼ってた ってこともあったし。。。

現場から

秋はいろんな実がなりますよね~
ノブドウの実は虫が寄生しないと色が出ないとか聞いたことが…
不確かなんで違ったらごめんなさい。

綺麗だよね~ 色の付いたノブドウ。
もしかしたら あの様々な色は虫の影響だそうだから これって珍しく清い体のノブドウさんではw? うん、かげさんも言ってるし^ー^
冬になり からからと風に揺れるヘクソカズラの実。淋しさを感じる冬景色です。
比内鶏の話し、暫く前にしたよね。比内鶏と言われるものより 出所のはっきりした身内からの鶏肉の方がうまいんじゃないかって。ほんとだったみたい~(><) 一般従業員がかわいそす。

>fumiQさん
ノイバラの実が赤いのは、きっと十分に熟成?が進んでいるからでしょう。
それとも紅葉と一緒で、寒さが影響するのかな。
ちなみに我が家のツルバラ白の実はオレンジ色にたわわに実ってます。
かなり大きいので、あれが食べれたら、けっこう食い応えがありそうなんだけどな^^
白いノブドウ、確かにタマゴだw

>中村さん
ちょっと待ったーっ!
そりゃどこのお菓子屋ですかね、ヤヴァすぎじゃなかろか。
究極的には、買うほうも貰う方も、おなか壊さなきゃいいや、ってことですかね。

>かげさん
え!そうだったんだ!?
ってことは、あの星の数ほどもあるノブドウの実ひとつひとつに無視が・・・。
なるほど苦手なわけだ orz

>florさん
色のついたノブドウが綺麗ですって!?
うわー、冗談だろ・・・清くも白いままでいてくれ (願。
でも納得、あのいびつな感じは虫こぶを連想させるもんな。
ヘクソカズラの実で冬景色を想起するなんて、雪が降ったら何に見えるんだろう?
こちらではヘクソカズラなんて、まだまだ冬じゃないって意識ですよ。
昔、比内鶏の廃鶏を食べたことがありますが、そりゃンマイもんだった。
(地鶏じゃなくて、天然記念物である比内鶏でも、血統や優良種を守るために規格外のをつぶすことがあるんです。
  それがごくたまに手に入った時代があるんですな、今は無理だろけど)

秋の実もの

いいですね~、秋の実もの、大好きです。
明日は久しぶりの花展。
花材は、ちょうどノイバラの実を買ってきました。
明日は会場に向かう途中で、
道端のイヌタデ、ヘクソカヅラの実を採集して、花材にしちゃおうと思ってます。
(安上がり)

>白あずきさん
お、花展ですか、これはUP期待できるかな^^
ノイバラの見、買うまでもなくあちこちに実ってませんでしたか。
ってか、売ってるんだ・・・オドロキ!
野にある実ものって、飾ってなくありのままで好きなんですよ。
さてはて、どんなアレンジメントになったのかな? 楽しみ~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/457-5244a1ba

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。