野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ 注意! ※
  前回の記事にもまして、“ちょっと・・・・” というような画像が含まれております。
  正直俺は、早々に退散いたしました (別の理由で、なんですが)。
  あぁそれでも見たい、っていうヒトだけどうぞ。





合流点、三角地帯をつきぬけ川原へと至る草分け道に、それはあった。
釣り人や俺のような物好きが通るくらいの、まるでケモノ道のような細い一本道。
両側は背の高いアシやススキに囲まれ、地面はおそらく上空からは見えないだろう。
そんな、草むらといっていいような地表に、



071110 サケの残骸

  サケの顎に、エラです。
  そう、きっと誰かの食い散らかし。
  視線を低くして辺りを見渡せば、かすかにそれと分かるケモノ道。
  もちろん、カモシカとか犬が通るようなはっきりとした道ではなく、トンネルのようなものだ。
  おそらくはタヌキだろう。
  そんでもって、その獣道に沿って、食い散らかしが延々と。
  ・・・・ヘンゼルとグレーテルですか。

  それにしても新鮮だ。
  せいぜい前の晩あたりに食った跡らしい。
  それというのも、
            チョ~生臭い!
  じっくり見ようにも、じつに魚臭いので接写なんてトンデモナイ!
  よりによってこの顎、道の真ん中に落ちてたんで、
  俺は大跨ぎして道を進んでいきました。



川原に下りると、さらに水量の減っていた岩見川。
あ、そういえば先週のタヌキの死骸、どうなったんだろ。

  
071110 タヌキ死骸1

  こんなことになってました。
  前見たときは水に浸かり、まだ毛も普通にあったんですが・・・・。
  下半身は損失、上半身だけが蒼い皮膚とともに残ってました。
  うーむ、ゴムマスクみたいだ。


071110 タヌキ死骸2

  頭についてた枯葉をのけてみると、白骨化した下顎が。
  こんな風に外れているとは、この皮膚の下はもう肉はないらしい。
  というか、   ・・・・・臭すぎっ!
  失敗した・・・よく見ようと無防備にも顔を近づけたのがまずかった orz
  というわけで、現場から早々に退散いたしました。



岩見川の土手道に上がり、ふと足元を見ると、


071110 羽根1

  こんな羽根が、無数に落ちてました。
  一枚一枚の大きさからして、小鳥ではない。
  おそらくはハトよりも確実に大きい鳥さんの。
  そして羽根の新鮮さ、付いてた露から、昨日あたりの羽根。
  いったいここで、何が!?

  
071110 羽根2

  なんてプロファイリングしてみたりしてw
  ま、こんな綺麗な羽根、なかなか見るもんじゃないからと撮ってきただけなんだけどね。



071110 カラスとサケ

  ちなみに岩見川の中洲では、カラスの群れがあちこちでサケの死骸を漁ってました。
  おそらくは、これがまっとうな自然の姿。
  おこぼれは他の魚達やいろんな生き物の命をつなぐことでしょうな。
  ケンカしないで食えよー。
スポンサーサイト

コメント

サケやタヌキの視点で捉えたらイタチやカラスは敵なんでしょうけど、
食う食われるの関係が当たり前であって、"明日は我が身"なんでしょうね。
規模こそ違いますが、花壇でも鳥やハチやアリを頂点として、
似た様な世界が繰り広げられています。
人間の世界も厳しいけれど、自然界も厳しいですね。
(比較レベルが違うかな?^^)

>fumiQさん
よく食物ピラミッドという言葉が使われますけど、実際は連鎖、リング、循環なんですよね。
その視点で見れば、誰が強者、勝利者なのか定義することはできない、ライオンだってアリに斃れるわけですし。
ただある種の傍観者として、俺はその一端を、あるいは一瞬を切り取り垣間見て、観察できるだけ。
そこからどんなことを汲むかは、それぞれに任せたいと思っています。
個人的な感想をいえば、地球って自然ってスゴイな、というところでしょうか^^ (かなり飛躍だなw)

すみません…白鳥の飛来は良く分かりません。^^;
私よりかげさんに尋ねたほうが良いかも知れません。。

タヌキは私も気になっていました。
いやぁ…ここまで臭って来そうな状態です。
サケも臭そうですねぇ。
こんなの食っても平気なんだから、自然に生きている生き物は凄い。

>dada042さん
あ、見かけたら、でいいんですよ^^;
まぁ多分、ニュースとかになるかも知れませんしね。
タヌキにサケ、久々に「クサイ」というモノに遭遇しました。
普段、いかに“衛生的”な環境にいるかが知れるなぁ。
そういや犬や猫の餌だって、人間にはクサイもんな、そういうもんか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/473-325873b7

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。