野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おとついの散策の話題、その続きです。



梵字川から合流点を臨むと、


071110 アオサギ

  ちょうど両川が交わるところに、アオサギが。
  画面右の突き出した岸から手前が梵字川、奥は岩見川です。
  水の色が違うよな。



合流点を回り込み、岩見川の川原へ。
俺の歩みに、ハクセキレイとチドリが驚いて逃げていく。
取り残されたのは、


071110 キセキレイ

  キセキレイさん。
  2羽いましたが、動きが早いのでカメラが追いつけず。
  っていうか、遠いし。


遠いといえば、もう少し上流の方には、


071110 アオサギとシロサギ

  アオサギとシロサギのツーショット。
  ふたりの間にあるものは、友情か敵愾心か。
  どっちも目つき悪いもんな、にらめっこ状態だよw



少し近づくと、シロサギが先に飛び立ちました。


071110 オオダイサギ1

  っても、岸の奥に移動しただけですが。
  ちなみにアオサギの方はというと、微動だにせず。
  珍しいこともあるもんだ。

  肉眼では判りませんでしたが、どうやらこのシロサギ、オオダイサギのようですな。
  もう渡ってきたんか。



さらにもっと近づくと、


071110 オオダイサギ2

  逃げられました。
  当然だな。
  それにしても一枚一枚が大きな羽根だ (ピンボケすいません)。


オオダイサギが居たところの手前は、ふだんは大きな泥地になっている。
今は水量が減って陸地化し、視界も広い。
そこに立って空をぐるりと見渡すと、
河川敷の林の上で、何かのタカがホバリングしていた。
攻撃態勢に入った証拠だ、何を狙ってるんだろう?

ということで、続く。
スポンサーサイト

コメント

アオサギさんとシロサギさん、微笑ましい光景ですね~とは見えないなぁ。^^
微妙な距離(間合い)が2羽の間柄を表しているような…。
縄張りを主張しているんでしょうか?
でも、ナイスな場面を写真に収めることが出来ましたね!
アオサギさんは動かなかったのではなく、動けなかったのかも。(笑)

>fumiQさん
最初、逆光で何が居るのか分からなかったんですよ。
目を眇めて見たら、形は一緒だけど色の違う鳥さんではないですかw
きっとお互いの存在は無視を決めてるんだろなー。
今朝、ゴミ捨てに車で梵字川沿いを通ったら、土手にシロサギが。
車だと全然警戒しないのな、直線距離で5mもなかったのに。

最近冬の歌を聴きながら(しかも大声で歌ってたりする)冬の気配を眺めるのが好き。冬は食欲と同じくらいロマンチックだw ってさ、記事と全く関係ないね、ごめん。
だってサギの無表情な見つめあい、可笑しくって。それに凝縮されてる。。

>florさん
居合い、みたいですよねw
先に動いた方がヤラれる、みたいな。
あ、冬がロマンチックなんてのは幻想ですよ、むしろ妄想。
寒さキビシイところに住む身にもなってくれ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/474-7f8382af

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。