野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から本格的に仕事が始動しましたね。
俺も初っ端から残業、まぁ大してしてないですけど。
先は長いので、出来ることからこなして行きましょか。
・・・・そんなこと言ってると、また溜まり放題になるんだろな。

さて本題、昨日の続きです。


トビさんたちに睨まれたあと、俺はそのまま合流点へ。
戻ってきてからゆっくりと、現場を見ようと思ったのでした。


さて、散策の往路でカラスの群れを見たのは、かろうじてまだ集落の中の、とある場所。
両脇を小高い杉の木や薮に囲まれたところでした。
そして復路。
カラスの集団が、ちょっとばっか移動してました。


080105 線路のカラス

  ちょうど梵字川に架かる鉄橋のそば、線路に上がれる地点から。
  往路のときは、左手に見える杉木立よりも奥の線路に屯ってたんですがね。


080105 線路のカラスの群れ

  こちらのカラスのいる線路は、新幹線専用。
  この隣には、在来線が平行してます (画面右上)。
  さすが田舎、電車もそうそう頻繁には来ません。
  カラスも余裕ですな。


080105 「線路は危険です」

  もっと近寄れないかと、別の角度から攻めてみることにしました。
  土手道と線路の間には、田んぼが広がっています。
  なので、もちろん縦走ですw


近づくにつれ、集っていたカラスやトビが飛び去ります。
それでも、なかなか根性の座ったヤツも。


080105 ハシブトガラス

  どうやらカラスはハシブト君のようですね。
  こんな田舎に、わざわざご馳走たずねて来たの?


線路下には、堰が平行して流れています。
それをまたいだ後は、急勾配の坂。
途中までよじ登ったものの、最後にどうしても上に登れません。
そりゃそうだ、雪で足場は悪いし、着膨れてろくに身動きできないし。
しかたなく、腕をめいいっぱい掲げて、現場を撮ってみました。


080105 タヌキ轢死体

  タヌキさんが、轢死体になっておりました。
  カラスやトビさんには、思わぬご馳走ってところなんだろな。


牛柄的にはしっかり撮りたかったところですが、
もたもたと無理して上がってる最中に電車なんか来た日にゃ、シャレになりませんしね。
こちらのタヌキの二の舞だけは避けたいところです。


と、振り返ると、我が家の犬がやってきた!
・・・・あれ? 気づかないのかな。
どこまで鈍感なのか知りませんがね、
俺でさえかすかに生臭さを感じてるのに、犬はまったく無頓着。
何が楽しいのか、田んぼの中を転げまわっておりました。
 (おまえ、ホントに犬なの?)
スポンサーサイト

コメント

今年初の・・・

猟奇事件かと思いました・・・。

私はどっちかてと、
牛柄家のワンコが田んぼの中をころげまわってるところを見たかったですねー。
想像して、一人でにやにやしてしまいました。

たしかにでっかいヤツですね。
線路の上・・・電車に轢かれたのかな?
ワンこは歌のとおりに元気に駆け回っていたんですね(^^ゞ

デカイのって、絶命したタヌキさんだったんですね。
亡骸に鳥たちが群れるのは分りますが、その引き金はヒトに因るものだったとは…。
なんだかタヌキさんに申し訳ない思いです。
それにしても、動物たちの血を嗅ぎ分ける能力って凄いですね!
(牛柄さんちのワンちゃんを除く。^^)

今日は見れました。^^
昨日のトビは、間違いなく会話してますよw

この狸、新幹線に轢かれたんですかね?
以外に綺麗な状態に見えます。
カーブしているので速度は出ていなかったのかなぁ・・・。
それにしても、雪まみれになったワンコは、私も見たかったです。

めっきり冬景色の写真ばかりになりましたね。
今週末は雪を見に行く予定です。
雪道の歩き方忘れたなw

タヌキだったかぁ。
気温が低いせいか、たった今死んだところのようにも見えます。
鳥たちも情報交換するといいますが、
やはりトビたちも話し合っていたんじゃないかな。
という状況ですね。
にしても、この状況、電車の運転手が見たらびっくりするだろうなぁ。

ぷちおひさ~('◇')ゞ
年始は何かと忙しいですね!
始めの線路の写真いいなぁ~真っ白くて長いよ(当たり前なんだかイイ)
狸って人里近くにいるから事故多いですね…
それにしても烏なんでも頂くね。(樹海板思い出して ちょっと怖い(^^ゞ 茶々は元気でなにより(笑)

>白あずきさん
ちょっと味付けが足りなかったですかね^^;
まぁ原因もガイシャも、カラスの騒ぎ様からすぐに判っちゃったんで。
家の犬はなんなんでしょかね、背中をぐりぐり雪に押し付けて転がりまくるんですよ。
(農家の人が駆除した) ザリガニの死骸にそれをやるのは前に見たことあるんですけどね、
もっともそれだって、何ゆえそんなことするのか・・・。

>かげさん
この日は線路近辺の雪原 (平たく言うと田んぼお) に、やたらケモノの足跡がありましてね。
ところどころ、ケンカしたように乱れたところもあり。
どうやら複数出没して、そのうちの一匹がこうなっちゃったんだろ、と。
俺が真剣なときに家の犬、メイワクですw

>fumiQさん
車に轢かれ、電車に轢かれ・・・ですもんね、はぁ。
前も言ったけど、こんなにしょっちゅう轢かれてて、いったいここらには何匹のタヌキが棲んでるものやら。
家の犬は鼻だけでなく、耳も悪いようです。
散策から帰るとなぜか吼えられる・・・家族の足音覚えてないのか!?

>dada042さん
お、見れましたか、ヨカッタ^^
・・・・トビのヒソヒソ話って、どんな声なんだろなw
じつを言いますと、秋田新幹線は盛岡までは特急扱いなんですよ。
しかもちょっとでも気候が悪いと、すぐスピード落とすし (特急いなほの事故が影響してますね)。
田んぼを駆けずり回ってハマッった姿の犬は、なんとも笑えますw

>仲村さん
え、今頃帰省ですか? (←勝手に決め付けてる)
残念ながら市内は雪もうないですよ~。
まぁ、せめて “初めて雪を見た、感動した!” なフリしてくださいw

>KOH16さん
たぶん、そんなに時間経ってないですね、腐敗臭はなかったし。
カラスの団結力?はさすがですが、トビもよく集まったもんだと。
やっぱ何がしかの情報交換の手段を持ってるのかなぁ。
新幹線は運転手がビックリするだけだろけど、隣の在来線は乗客からも丸見えですからね、
ふつう車道なら保健所が回収に来るけど、鉄道ってどうなんだろ?

>florさん
ご無沙汰w
俺はプライベートよりも仕事が忙しい・・・。
最初の写真、ちょうど梵字川と線路が交わるあそこですよ~。
タヌキも人里近くにいるのは分かってるけど、生きたのを見たいなぁ。
そういえば先日、おふくろが家の裏の堰で奇妙な動物を見たとか言ってたっけな、何なんだろ。
カラスもトビも掃除屋さんですからね、彼らが居ないと世の中は大変なことに^^;

>そういえば先日、おふくろが家の裏の堰で奇妙な動物を見たとか言ってたっけな、何なんだろ。

>> ハクビシンってどうw

>florさん
子猫くらいで茶色で、ぴょんぴょん跳ねて用水路へ、
そしてなんと! 泳いで逃げたそうですよ、なんだそれは!?

う~ん.......栗鼠?わからん...是非追跡調査を。

ミラクルワールド梵字川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/525-a79ec252

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。