野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、会社を出たら、外は雨。
それも、なかなかの降りっぷり。
景色はテンコ盛りの雪なのに、降ってるものは、雨。
こないだまでの大雪は一体なんだったんだ!?
・・・・明日、このまま凍られたらいやだなぁ。

明日の心配は明日の朝考えることにして、本題。
昨日のお話の続きです。


千秋公園から、大森山動物園へ。
場所を移動して、俺のぶらぶらは続きます。
大森山動物園といえば、冬の動物園。
そういや去年も、同じような時期に行きましたな。
そう、デジカメ修行・・・いやむしろ精神修行だったというべきか。
 (去年の様子は、こちら
今回はそんなに、子連れもカポーも気にならず。
オトナになったんでしょうか。

去年辺りから、この動物園は地味にいろいろと話題になっております。
フラミンゴ脱走、人気動物園ランキング4位、キリン親子の相次ぐ死。
ライオンの後妻と、珍しいオス親の子育て。
全国ニュースで耳にしたことがある方も多いことでしょう。
でも、地味なんだよねw

冬の間は入場料が大人300円。
ま、寒さに弱い動物なんかは表に出ないので、見れる動物も少ないのですが。
で、入場して最初に出会ったのが、


080126 動物園/スズメ

  スズメです、請われもしないのに自主的にオリに入ってますw
  ってか、久しぶりにスズメ見たよ。


080126 動物園/コウノトリ

  コウノトリは、スゴイ眼をしてました。


080126 動物園/フンボルトペンギン

080126 動物園/フンボルトペンギンの足跡

  ペンギンって寒さに強いのかと思ってましたが・・・プルプル震えてました。
  下のは足跡、なんか可愛い^^


080126 動物園/チョウゲンボウ

  野ではこんなに近寄れません、チョウゲンボウです。
  まん丸デカ眼がいい。


080126 動物園/ニホンイヌワシ

  ニホンイヌワシです、とてもでかい鳥舎の隅っこにいました。
  ちなみに大森山動物園では、イヌワシの連続繁殖に成功している稀な動物園です。
  ここで生まれた子たちは、けっこうあちこちの動物園に里子に出されています。


080126 動物園/シロフクロウ1

  こいつは外せないでしょう、シロフクロウです。
  あいかわらずお地蔵さんだなぁ。

  と、雪の吹き込んだ鳥舎の隅に、雪ダルマが。
  飼育員さん、シャレたことするなぁ、なんて思ったら、


080126 動物園/シロフクロウ2

  シロフクロウ♂でしたw


ということで、今回は鳥さん編でしたが、
次回は動物園らしく、動物でお届けします。
スポンサーサイト

コメント

書きたいことがいっぱい。
スズメを見ないと書いてましたよね、餌の入手しやすいところへ移動してるんですね。
ペンギンの甘えたな顔、牛柄さんにチューねだってるようだよw
あたしも猛禽類のコーナーは外せません!
チョウゲンボウ可愛いよねぇ~
ちっこくてデカ目。野外では見たことすらないけど。
シロフクロウ♂ そういえば梟園で見たのも地面に降りてたけど 地面によく降りる種類なのか不思議ですよね。
書ききれない...

シロフクロウ、マジで雪ダルマだを。
って、頭に雪積ってね?

やばい。雪だるま噴きそうになったw
会社で開いて一発目で笑わせていただきました。
イヌワシ、間近で見たいなぁ。
遠くでしか見たことありません。

私も・・・

KOH16さんと同じく、
雪だるま、爆笑してしまいました。
机の上に1個、欲しいです。
ホンモノは無理だし、次のデスクトップにいただこうかな・・・。

以前にも書いたかもしれませんが、
ゲンボウ、これと同じくらいの距離で見たことあります! (野外)
見た目は写真の半分くらいの大きさだったでしょうか。
清水港近くの道端に面した非常階段みたいなとこに留まっていて、車が停止した時フッとそちらを見たら・・・目があっちゃいました。
低いとこに留まっていたので、ほとんど目線一緒。
あまりの感動とオドロキで、カメラに手が行きませんでした~。

ゲンボウも、かなり都市型化してますね。

動物園の檻にスズメ、よくある光景ですね。
彼らはあの網を苦もなく通り抜けられるんですね。
中の動物たちの羨望の的になってそうです。

イヌワシは幼鳥のようですが、精悍な顔つきですね~。
いつか野生で見てみたいです。
野生で見たいといえば最後のシロフクロウ。
♀も見つけづらいですが、雄にいたっては雪と同化してしまいますね。
これをだだっ広い雪原の中で見つけるのは不可能な気がします。
それにしても、雪だるまだなぁ…(笑

拝みたくなるシロフクロウさんですね。
おじいちゃんみたいで可愛いなぁ。^^
しかし…檻の中が雪だらけで、何のための屋根か分らないですね。

こちらの動物園でも、各檻の中にスズメちゃんがいましたよ。
たっぷりと。

コウノトリって凄い目つきなんですね。
まるで歌舞伎役者のようです。
2枚目のシロフクロウは、雪だるまって言っても解らないですよ。
良く見ると、目つきも凄い!
何でも見透かす賢者の目です。

>florさん
ほんと、冬の間スズメたちは動物園に集まるんですね~。
どおりで近所で見ないわけだw
猛禽コーナー、というか点在してんですけど、もっと舎が大きくてもいいのにね、飛べるように。
あ、でも何だったかな? 目にも留まらぬ速さで飛び回り(跳ね回り?)、元気な猛禽もいましたよ。
シロフクロウの生息環境では、樹に留まるよりも雪上の方が見つかりにくいかもね。

>仲村さん
え、積もってますか。
元が白いし、まして全然動かないから、積もってても本人も気づいてないカモw

>KOH16さん
会社で閲覧だなんて、なんてキケンなまねをw
そういや去年は置物に欲しいとか言ってましたよね。
動かないし季節感タップリ(?)だし、ちょうどいいかも。
こちらのイヌワシも、でっかい鳥舎の奥に留まってたんで、決して近くで見れたわけじゃないんですよ~。

>白あずきさん
白あずきさんなら、ゼッタイ欲しがると思ったw
机の上に乗せておいても違和感ないですよね、動かないし。
ってか、動いたら周りの皆さんビックリw
金網がどうにも邪魔ですよね、近すぎてボケも効かず。
なるほど、チョウゲンボウそのような状況で出会ったのですね。
そりゃカメラどころか、自身が動けないかも。
ま、向こうさんも驚いたことでしょうから、おあいこかな (意味不明)。

>kimさん
スズメって、すごい。
金網だけじゃなく、金網を囲う波型パネルの波の隙間からでも潜り込むんですよ。
スッゲー苦労して身をよじらせてるのを見ると、なんとも涙ぐましい・・・w
ちなみにイヌワシは3羽居ました、でっけー鳥舎の中に仕切りがあって、1羽+2羽。
夫婦と、今年生まれた3羽のうち里子に出されなかった一羽だろうな、それがこやつですね。
シロフクロウ、ホカーイドに来ますか、期待してます^^。
でも・・・やっぱ大雪原で見極めるのは困難そうw

>fumiQさん
いや、シロフクロウ舎の場合はこれでいいんですよ。
なんてったって、もともと極地の鳥さんですからね、むしろ屋根も囲いの波板さえ要らないような。
・・・そしたら雪積もり放題で、中が狭くなるか。
いっそ展示案内板に「○×■△」だけじゃなくて、「○×■△とスズメ」 とかあればいいのにねw

>dada042さん
岡山だかどっかで、コウノトリを自然に帰してるじゃないですか。
あれ見ると、どうもこの目つきとイメージが関連付かなくてw
シロフクロウ、“どう見ても雪だるまです、ありがとうございました” ってな感じですかね。
いっつも薄目で、目に意思が感じられちゃうんですよね、でも笑ってるように見えるのは威嚇のつもりなんだそうな!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/546-5e7aaad3

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。