野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はお彼岸の中日。
墓参りに行かにゃならんので、早朝の散策は無し。
その代わりといってはナンですが、親父の墓まで歩いて行ってきました。
そのお墓、じつは岩見川の土手道の脇の集落の墓地にあります。
すなわち、俺がいつも行ってるフィールドの中と言っても過言ではない!
とはいえ道順が違うせいか、おふくろと犬が一緒だったせいか、
だいたい同じ距離を歩いたつもりでも、いつも以上に疲れを感じました。
そんなわけで、墓参りを済ませたあとは、おふくろたちと別れて、
俺はいつものフィールドルートを通って帰りましたけどね。
この話は、また後日。
今回の記事は、こないだの日曜日のお話です。


日曜日、散策の途中でおふくろに携帯で呼び出され、
てくてくと (実際はブラブラと) 梵字川の土手道を戻っているときのことだった。
同級生の家の近くまで来ると、上空に3羽の黒い鳥の影が見えてきた。

はじめはカラスだと思ったんでさ。
3羽戯れながら飛んでる、とね。
次第に近づいてきた彼ら、カラスではなかったんですよ、はい。

大きさはハシボソよりも小さく。
かなりスマートでスレンダーな体型。
そして何よりもびっくりしたのが、色。
はっきりくっきり白と黒の、2色分け。
色分けは、翼の先1/3程度と、頭が真っ黒。
それ以外は真っ白。
尾に黒があったかは覚えていない。
嘴は短くはない。

その場で思いついたのが、カササギ。
しかしあとで図鑑を見ると、色分けが違う。
次に思いついたのが、小型の猛禽・・・・長くナイフのような翼の猛禽が見当たらない。
コアジサシ (秋田には繁殖地がある)・・・・色がまるっきり違う。
ズグロ? ミヤコ? そんなもんここにゃ居んだろ。

とりあえずかろうじて撮った写真を。


080316 謎の鳥1

  もはや遠くへ離れていこうとする、謎の鳥さん。
  2度ほど鳴きましてね、 「カッ」 という感じでした。


080316 謎の鳥2

  上のと同じ写真を、縮小せずに切り取りしたもの (クリック拡大してください)。
  こやつら、何者なんでしょうかね。
  俺にはさっぱり見当が付きません、誰か答えを~!
スポンサーサイト

コメント

う~ん、何ていう鳥さんなんだろう?
模様がハシブトウミガラスやウミガラスに似ているような気がしますが、
羽根の長さが写真ほど長くないような…。
ということで、私にはお手上げ。^^
力になれず申し訳ないです。
やっぱり、羽の長いカモメさんかな?

ダークホース、ケリさんではないでしょうか。
うーん。

カモメの仲間に見えなくはないですが・・・
ちょっとむずかしいですね。

これはケリですね~。
初列風切の黒と、上面のパターンが特徴的です。
東北地方では結構珍しい鳥だと思いますよ。

ケリという名前は鳴声からつけられたらしいです。
そんな感じの鳴声でしたでしょうか?

お、答えがコメント読んでわかりました。
こんばんはー!
飛ぶ姿はカモメみたいですね。携帯から読んだらカラスの一種かなと思ってたのですが。
携帯からは画像が見えなかったのよ~ 
(恐らく私が画像表示しないよう設定してるのかな。新しくなってからどうも携帯からのアクセスが上手く行かないです)

尊敬・・・

み、みなさんスゴイですね。
自分がなんだか場違いのような気がしてきました・・・。
尊敬です。

カラスとカモメのハーフかと・・・(^^;)

知らない

鳥の名前なんてサパーリです。。。

だいぶ雪も無くなったみたいですね。
私の駄犬との散歩コースも桶になったようです。

>fumiQさん
もっと鮮明な画を撮れればよかったんですけどねぇ・・・。
ここは海から直線で10キロほど内陸なんで、海鳥はどうかなと。
とか思いつつも、自分もカモメの仲間だと思いこんでたりして^^;
見慣れない鳥さんというのは、ほんと何を見当つけて調べればいいものやら ┐(´~`)┌  

>KOH16さん
おっとー! 全くアタマに浮かばなかった名前が!?
そうか、ハナから居ないもんだと思って、全く失念しとりました^^;
飛んでる姿は、こんな感じなんですかね?

>かげさん
うーむ、かげさんにも難しいか・・・。
もっとも、こう写りが悪くちゃ、ね _| ̄|○
ちなみに飛び方はカラスとカモメの合いの子みたいでした。

>kimさん
す、すげぇ・・・。
こんなので判るんですかね、さすがkimさん^^
確かにケリの飛翔写真を見てみると、俺の見たのにそっくりです。
背面は自分からは見えなかったんですけど、腹側はやはり白黒なんですね。
そうか、東北では珍しいのか・・・どおりで面識ないはずだ。
鳴き声は断続的なものではなく、短くケッとかカッといった感じでした (鳴き声サイトで確認してみた)。
いつもながら感謝カンシャです。

>florさん
お、久しぶり! 落ち着いたんかな。
どうです? もしケリだとして、そっちには居そうだけど、こんな感じ?
最終的に現場で自分ではユリカモメの気の早い夏羽かとも思いましたが、ヤツラそんなに細くないしなぁと。
でもそれだけカモメに似てたんだよ~^^; (←言い訳)
携帯でブログ見るのって、ツラくない? 俺みたいな冗長な記事なら特にさぁ。

>白あずきさん
すごいですよね~、皆さん。
もうね、逆手に取って自分のわかんないコトは、みんなに聞いた方が早いとw
言い方ワルイけど、皆さんをご利用させていただいておりますわ^^;

>仲村さん
もう普通に靴でもあぜ道歩けまっせ。
なんせ、墓に行くにもショートカットして、田んぼ突っ切って行ったくらいw
あんだけあった雪が、信じられないくらいの速さで消えますた!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/591-a9f93463

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。