野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元 「みどりの日」、この日はひとつだけ忘れず確認したかったことが。


080429 ニワトコ

  ニワトコの花は満開。
  たくさんの花の集まりの、花びらだと思ってたのはオシベだったのねぇ。


そして、


080429 黄色い桜1

  遅咲きの、黄色い桜
  もっとも、去年よりだいぶ早いけど。


080429 黄色い桜2

  花びらはピンクのグラデーションではなく、
  芯の濃いピンクから、先端に従って黄緑色に変わる。
  なので引いて見ると、樹全体では薄い黄色の盛りとなるわけで。


080429 黄色い桜3

  白でもなく、ピンクでもなく、緑でもなく。
  何ていうんだろうな、この色合い。


080429 黄色い桜4

  見慣れた一般的なイメージの桜とは、また違う雰囲気。
  今年も、あえて主張することなく、誰もわざわざ花見に来ることもなく、
  静かに周りの空気を和らげ、ただそこに咲いていました。



   〔 お ま け 〕


80429 フクジュソウ

  散策のあと、約束どおりばあちゃん家の畑へ。
  ・・・・ジャガイモ植えはもう、終わってました (・∀・)
  こちらは庭で見つけた、フクジュソウの実です。
  は、花のイメージとかけ離れてる~。



記事とは全くカンケーありませんが、特記。
最近、トイレの窓の外から、鳴き声が聞こえるんです。
ご存知の方も多いかと思いますが、我が家の一番の鳥見場所は、トイレw
外に敷地の縁沿いに針葉樹が並び、山桜も生えてるわけなもんで、
時期ごとにいろんな鳥さんが来るんですな。
今の時期は、まだ帰らんアオジ、相変わらずのヒヨ、
そして聞こえてくる、“しーしーしーしー”。
言うなれば、弱ったヤブサメのような、か細い声。
どうやらカワラヒワが巣食い、おまけにヒナが誕生しているようです。
そうか、表の松の木の天辺伐っちゃったから、今年はそっちに巣を作ったか。
さて、樹のどのヘンに巣があるんだろう? 今んとこ鳴き声はすれども姿は見えず、です。
スポンサーサイト

コメント

2枚目の桜の写真、良いなぁ~♪
つい最近まで一面真っ白だったはずなのに、
いつの間にやら普通の春になっていたんだ。^^
穏やかな良い場所ですね。
あっ、左下のお墓か石碑みたいなものが…。

不思議花色の八重桜…。
柔らかな優しい色ですね。

黄色い桜・・・ですか?
聞いたことすら無いので、見てみたいです。
花びらも普通の桜と違ってボリュームが有りますよね。
鳥達は子育てのシーズンですねぇ。
去年、会社に巣くったと見られるツバメが今年も帰って来ました。
去年作った巣を補修して居るので、時期に卵を生むと思います。
今年は何羽巣立つのかなぁ・・・。

>fumiQさん
そうなんすよねぇ・・・。
ついこないだまで白い世界、それが今じゃ春をすっ飛ばして夏模様な気温w
・・・・もしかして、この疲れは夏バテ!?
じつはこの桜、とある墓所の脇に生えてます。
ここを通るとき、いつも眠っている方々に感謝し、心の裡で話しながら散策してます^^
ここの雰囲気が穏やかに感じられるのも、そのせいかもしれませんね。

>dada042さん
じつはこの桜、今日見たらさらに衝撃的な姿が!w (できれば後日UPします)
半八重の花なので、枝が細いせいか重みで結構枝垂れてましたね。
会社にツバメの巣ですか、dada042さんの会社繁盛してるんだろな~。
古巣を利用してました? 毎年来てるんですか? うらやましいなぁ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/626-e16376ea

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。