野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤やら青やら、色はとってもハデな方々なんですが。
・・・・お名前を存じ上げません、ハデなら覚えてそうなもんですけど。
そんな、「アンタ誰よっ!」 的な方々を。



080505 アカハネムシ?

  突然の土砂降りになった、こどもの日。
  家の壁に雨宿りにいらっしゃった方です。
  赤と黒のツートン、つや消しな上翅、そして櫛毛な触角。
  こちら何方さん? アカハネムシなんでしょかね。


そんな翌日。
親父の昔馴染の方が数日前亡くなり、葬式前に顔を出そうとおふくろを待つ間に、庭をうろつく。
 (某日の夜のローカルニュースでその方の不慮の事故を知り、俺以上におふくろは驚いてた。
  しかも事故現場は近所、大家として自ら貸家の屋根のペンキ塗りをして、転落したとか。
  “救急車のサイレンが鳴ったのは知ってたけど、まさかそんなことになってたなんて・・・”とは、おふくろ。
  俺はほとんど地元に住んでなかったから覚えてないけど、昔よく父の実家に遊びに来てた方で、
  “おまえも何度も会ってるはずだよ” と、おふくろは言う。
  親父の年代なんだけど、俺の弟にPCを教えて欲しいと来てたり、親父の葬式にも来てくれたり。
  歩道の除雪を自主的に買って出たり、貸家の面倒見もよい人だったと。)



080506 ニホンベニコメツキ?

  ありゃ、前の日に見たのと同じヤツ・・・・じゃないな。
  背中の質感も全然違うし、櫛毛がさらに立派だ。
  で、こちらさんはニホンベニコメツキさんで、いいんですかねぇ。


用事を済ませたあとは、散策へ。
どういうわけか、途中からおふくろと犬が合流 (涙
そんな中、かろうじて見つけた、


080506 ヒナルリハナカミキリ?

  緑とシャクの白いお花畑の中で、ひときわ目立つ、強く輝く青。
  天気悪いのに、やたらピカピカしてた甲虫さん (写りワルイですけど、ものすごく綺麗な青でした)。
  もっとよく撮ろうとしたら、家の犬が 「何ナニ?」 と寄って来て (以下略
  あとで調べた調べた・・・・ヒナルリハナカミキリ? こんなに青いんですかね、ビックリです。
  あぁ、もっとゆっくり見たかった・・・・。



ここのところ、ちょっと仕事がバタついてて、少々お疲れ気味な俺。
今週はあともう明日だけだけど、来週以降どうなることやら。
もしかしたら更新が滞るかもしれませんが、そこんとこはご了承を^^;
  
スポンサーサイト

コメント

年をとってくると昨日何をしたっけ?ということがよくあります。困ったものです。昨年弘前城の桜を見に行きました。と以前に書いた記憶がありますが、その次の日に【角館】にいき【武家屋敷】前のしだれ桜、桧木内川桜堤を散策しました。日本一と思いましたね。今年は一週間くらい早くて連休には散ったようですが、きれいでした。湯瀬温泉からタクシー(一日チャーター)で雪の回廊のようなところをとおり田沢湖のそばから角館にはいりました。水芭蕉、かたくりの可憐な花、金沢と同様もう一度伺いたいものです。
明日は家内の父の7回忌で下関にいきます。【四日間の奇跡】という映画の撮影場所になった【角島】というところの近所です。原作は山の中ですが、現地は海で橋がかかっていますので車でいけます。もし、機会がございましたらぜひ一度【おいでませ~下関へ】というところでしょうか。今日、それにあわせて、娘が女の子の孫をつれて大阪から帰省してきます。家内は楽しみで仕方ないようです。つづく。

赤いのも、青いのもいいですね。
アカハネムシにはいつもだまされますが
(飛んでいるとある種のカミキリにそっくり)
降り注ぐ陽光の中飛び回るやつらに出会うとうれしくなります。
最後の青いのはハムシです。
キヌツヤミズクサハムシとかその辺でしょうか。
http://www.green-f.or.jp/heya/hayashi/nekuizukan/nekuizukan-top.html
近場に湿地的環境があったらたくさん見られるかもしれませんね。

ニホンベニコメツキ、もの凄い触角ですね。
もう少し伸びたら八木アンテナになれそう…。^^
そうそう、うちにもコメツキがいましたよ。
こげ茶色の子で、なぜだかひっくり返っていました。(笑)

青い子は太ももまで青ですね。
悪天候でもここまで光るとは… 目立ちたがり屋かな。

>本通太郎さん
ということは・・・俺も年とったってことなんでしょうねぇ^^;
まぁ確かにこないだ、ひとつ年齢が上積みされましたけど。
角館の桜、そして武家屋敷は情緒があっていいですよね。
とかいいつつも、桜の時期には小学校の頃に一度見たきりで。
地元にいると、逆になかなか訪れにくいのかも・・・?
国内では南といえば、小豆島が一番の南下です、しかもこれまた小学校のころ^^;
きっと北国のこちらとは雰囲気が違うんだろな~、気をつけていってらっしゃいませ。

>KOH16さん
わおっ! またまたサンクスです^^
さっそく拝見しました、どうやらキヌツヤミズクサハムシというものっぽいですね、確かに周りはスゲ科あるし。
しかし、こんな科があるなんて、全然知りませんでした、いいやはや虫は奥が深い。
あ、ってことは・・・今年もまた擬似カミキリにだまされたんか俺・・・w

>fumiQさん
何のためにあんな触角なのか・・・。
深く考えると眠れなくなりそうですw
コメツキって、見つけるとすぐコロンと行方不明になっちゃいませんか?
あ、その落ちたあとを見つけたのかな^^
青い虫さん、そう、肢まで綺麗な色で、それで余計目を惹いて^^
もう一度見つけたいなぁ。

櫛歯型の触角といい翅の色といいおもしろいですね~
1枚目と2枚目の虫さん、同じかと思いました。
奥が深いですね~

忙しそうですね。
今日はお休みできたのでしょうか?

甲虫は美しいですね。
もっとも、ゴ●も甲虫でしたが・・・
おっと、禁句、禁句。

1、2枚目はそっくりさんですね。
最後のハムシはキレイです。
見つけたら、絶対に撮る部類のムシですよ。
でも・・・金属光沢のムシって、思った色が出ないんですよね。^^;

>かげさん
赤い翅の虫さんは、慣れないとみーんな同じに見えちゃいますよねw
おおよその区別が付くようになっても、それが実際何者なのかサッパリ^^;
櫛毛な触角、つい触ってしまうのは俺だけ?

>白あずきさん
未だ持って多忙続行中な俺です (涙
なんとか来月までには仕事を落ち着かせたい~!
ゴ(以下禁句)は・・・甲虫じゃ、ナイよね?
正視に堪えないヤツなんで、よく見たことないのでワカリマセン^^;

>dada042さん
普通に一眼、あるいは虫の目で撮ったら、このネクイハムシの色が綺麗に出る・・・あれ?
そうなんですか? 俺のカメラがちゃちいから巧く色が出ないんだと。
やっぱナマ見に勝るのは無いんでしょうか、なんとかdada042さんに挑戦して欲しい~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/632-6062fd86

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。