野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何の日だか、知ってますか?
6月3日。
6と3とで 「ムーミンの日」、だそうです。
・・・・・。
何かイベントとか、あったのでしょうか。
まぁ別に関係ないですけどね、ムーミンは好きだけど。

別にちなんだわけではないですが、
俺の “ムーミン谷” 、例の不思議な雰囲気の空き地のお話です。
こないだの週末ではなく、その前の週のお話になります。


シジミチョウといえば、ここらで多いのがベニシジミかルリシジミ。
どちらも名前が色を語ってますよね。
そしてたまに、ツバメシジミ。
名のごとく、ツバメの尾のようなものが翅についてます。
だけど今回紹介するのは、あまり見たこと無いコです。
もうちょっと気をつけて見れば、また違うシジミも見つけられるのかもね。


080524 トラフシジミ

  こころもち大きめなシジミチョウ、トラフシジミ
  角度が悪くてすいません、こんな角度で出会ったため最初ツバメさんかと思いました。
  でもよく見れば、翅にトラ縞。


例の不思議な雰囲気の空き地の持ち主が、判明しました。

空き地に通りかかったとき目の前にリスが現れて、お互い見つめ合い。
俺は親近感たっぷりの眼差しで、リスは興味津々の顔つきで時々頭を傾げたり。
その後木立に入っていくリスを追って、俺も空き地の中へ。
しばらく目で追っていると、とあるオバアチャンがやって来た。
   ――― あぁ、ワラビか
そう、俺は道すがら採ってきたワラビを詰めたビニール袋と、デジカメを手にしていたわけで。
なんでそんな呟きが口から出たかというと、空き地には孟宗竹が生えていて、
それを密猟? してると思ったらしい。
しばらく彼女と話をし、空き地の由来や竹を植えた理由、
そして彼女の家は俺んちと遠い親戚であること (彼女は俺を知ってた、俺は知らなかった^^;)、
  “田舎はいいよねぇ、自然がいっぱいあるっていいよねぇ” と、素敵な笑顔で話す彼女に俺もほころんで。

そんな話をしている途中、笹薮の中にパタパタと現れた、


080524 ゴイシシジミ

  真っ白な地に真っ黒なテンテン柄、ゴイシシジミ
  笹薮を住処とする、肉食系のチョウです。
  幼虫は笹に付くアブラムシを食べ、成虫はアブラムシの蜜を吸うということ、
  以前KOH16さんから教えてもらいました。
  ・・・・・アブラムシを食ってる姿、想像できないんですよねぇ。


持ち主のオバアチャンには、これからもときどきこうして写真を撮りに
空き地へ入らせてもらうことを快諾いただきました。
   ――― リス、いるよ~
と、ここに棲んでることを嬉しそうに話す彼女の様子に、
地元に住む昔からの古い住人に、ちゃんと自然のあり方を解ってる方がいるということに
俺はなんとなく安心感を覚えたのでした。
スポンサーサイト

コメント

世の中って、広いようで狭いですね~。
意外な人と繋がりがあったり、こっちが知らなくても向こうは知っていたりで、
こりゃぁ、悪いこと出来ませんね。^^

牛模様のゴイシシジミさん、肉食なんですか!?
花の蜜ではなくアブラムシの蜜を吸う蝶とは…
ひぇ~想像できません。^^;

成虫も幼虫もアブラムシを利用するなんて不思議ですね。
あの不思議な空き地には不思議な持ち主がいたんですね。
ほんと、悪いことできませんね(^^ゞ

秋田には ムーミン谷 とか ペンギン村 とか
ヘルヘンチックなところが多いんですねw

ゴイシシジミですか!
これは目立ちますね。ゴマシジミよりも派手です。
卵はアブラムシがたくさんいるところに産み付けるらしいですね~。

地元に古くから住む人は、私たちが図鑑やネットで知ることを経験的に知ってますよね。
その知識には驚かされることが多いです。
それを後世に伝えていくことができればいいのですけどね~。

どっちも好き~。
両方大きなシジミですよね。
碁石は今だにドキッとします。
しかし、今日秋田出身の同僚に同じような話を聞いたばかりでした。
「話してみたら、実は親戚だったらしい」的な。
ここでも、そこでも。
奇遇というのは常に発生しているものなんですねぃ。

>fumiQさん
そりゃあ悪いコトできませんよ。
なんてったって俺は全然ヒトを覚えないけど、近所の住人はみんな、小さい頃からの俺を知ってるんですからね。
(ばあちゃん家に預けられっ子だったもんで、住んで無くても「どこそこの孫来た」と、すぐバレバレw)
ゴイシシジミの成虫、正確にいうとアブラムシの分泌物(アリとかがよく吸ってるでしょ)を餌にしてるらしいですよ。
ただ・・・オコチャマはまじで肉食!?

>かげさん
ほんと、不思議な持ち主さんでした^^
竹を植えたのも、竹の葉や通る風がが好きで好きで、わざわざ人から貰い受けたものだとか。
一日一回はここにきて竹を見るそうですよ、ある意味、俺と同じ人種ですね。

>仲村さん
え、ペンギン村・・・・。
まぁメルヘンといえなくはないw

>kimさん
フィールドには到るところに笹薮があるのに、とんと彼らの姿に気付きませんでした。
俺の目ってフシアナだったんだろなぁ、こんなショッキングな柄のチョウを見たことがなかったなんて。
知識で知っていても、ある時点で地元の人に勝てないことって、多いですよね。
例えばこないだのマムシなんか・・・おふくろなんか、“マムシの巣” の場所、ほぼ正確に知ってるもんw
ささやかながらこうして記録に残すことで、彼らの知識などを後世に伝えていければなと思ってます^^

>KOH16さん
ゴイシには目を惹き付けられますね!
あの白地にくっきりとした黒点、目が離せなかったです。
都会ではあまり無いのかもしれないけど、田舎では 
「誰某のこういうつながりの―――」みたいな、遠縁密度?がけっこう濃いので^^;
もはや 。o 〇 (あぁこの人もか)的な感じ?w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/647-1a8d06a9

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。