野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・・・あっ! またやっちまったか。
昨日ネットに夢中になってて、すっかり更新するのを忘れてました(汗
  ( ↑ 夢中になるのが五輪ではナイところが、牛柄的w)
ということであらためて、昨日ではなくさらに前の土曜日のお話。


先週の土曜日の散策、朝からムシムシするような中での、散策。
出だしはなんとなく良かったんです。
何せ、ばあちゃん家の集落に差し掛かったとたん、キョ・キョ・キョの声とともにヤマセミが飛んできて。
しかも人家の杉の木に留まったくらいにして。
・・・・・「ヤマセミ=清流の眩影」? 思いっきし集落ん中なんすけど。
どうやらヤマセミ界も、都会化が進んでいるようです (もっとも、ここは田舎だけど)。

その後は、声はすれど姿見えずの鳥さん、なぜかゼミの声が全くしない土手道をテクテク。
道中の最大の難所・鉄橋をくぐり、少し前の大雨でまだ増水中の梵字川、
おかげですっかり大きな淵となっている場所へ。
急に現れた俺に驚く、カイツブリ。
 (しばらく俺を凝視したあとトプンと潜って、この日はそれきり姿を見せず)
水面すれすれに飛び交う、ツバメたち。
そして、何だか分からんが、ツバメ大の白と灰色の飛翔姿の鳥さん。
へぇ珍しいな、チドリが梵字川に入り込むなんて。
そのときはそう思ったのでした。

少し粘って、様子を見てみるか。
じっと川岸に佇んで、俺は石、俺は石と念じて景色に一体化。
すると先ほどの不明の鳥さん、程近い護岸の上に着陸!


080802 キアシシギ1

  あら、チドリじゃなかったか。
  この長い嘴・デカイ目・そして何より黄色い肢、キアシシギじゃないですか。
  こうして降りてるときはチドリより大きいけど、なんで飛ぶとコンパクトなんだろなぁ。
  いやそんなことより、なぜまたこんなトコロに?


080802 キアシシギ2
  
  キアシシギだよなぁと思いつつ、去年見たのとは少し違和感がある。
  そうだ、胸に鹿の子の横班がないんだ!
  ってことは、これは若造なのかな、道に迷ったのか? エリア新規開拓中か?


080802 キアシシギ3

  どうやら俺の存在には気付いているようで、こっちに行こうか、でもヒトが見てるし・・・・と、
  護岸の上をうろうろ、ときおり様子を伺うように俺を覗き込みます。
  このシーンを連続写真で撮ったんだけど、続けて見ると面白いw
  真剣に悩んで、隠れているつもりの様子がとってもおかしかったです。


080802 キアシシギ4
  
  まぁ時には勇気を振り絞って、こっちへ向かってきたり。
  何かこちらへ来たい理由があったのでしょうか。


080802 キアシシギ5

  でもやっぱりダメw
  このあと、諦めてさらに上流(!)へと飛んで行きました。


日本の夏・北国の夏も、どまんなか。
今年の夏はけっこう涼しいので (なにせエアコンはまだ一回も点けてない、扇風機すら殆ど回してない)、
大変過ごしやすい毎日となっております。
ただ気になるのが、虫や鳥たちの影が薄いこと。
梅雨明けして間もない頃そこそこ鳴いていたセミの声が、今はひとつも聞こえません。
おふくろも異変に気付いているようで、今年はハチの姿を見ない、
畑を荒らしに来る鳥が少ない、畑の収穫の時期がヘンにずれてると、首をかしげています。
俺としても何か変わったことがないか、もう少し注意深く自然観察をしてみなくてはならないようです。

スポンサーサイト

コメント

まさに鳥のオリンピックや!

・・・だったのではないでしょうか?
(なんか、彦丸風?)
だから、普段はいないシギさんも集結。
開催地は梵字川ってとこですね。

セミ、やっぱり少ないですか?
うちの近所もです。 大きい木がたくさんあるのに・・・。
抜け殻もあまりみかけません。
かげさんとこにもコメントしましたが、全国的に今年は少ないらしいですよ。
(日比谷公園の売店のおばちゃんも証言していました)

ベッコウハゴロモさん、いただきです。
今日は外を歩きながら、クズばかり探している自分でした。

シギのしぐさって面白いですよね。
セミは数年おきに増減するらしいですから、今年は少ない年かな・・・
たしかに去年の観察会より、羽化している数は少なく感じましたよ。
少しずつ何かが変ってきているのは、ある意味、ちょっと怖いですね。

シギさんって内陸にも現れるんですね。
川の下流あたりで観察できる鳥さんだと思ってました。
それにしても、キアシシギさんの仕草は可愛いですね。
特に3枚目が可愛い~♪
さっき拾った食べ物を牛柄さんの近くに落としたのかな?
それとも仲良くなりたかったのかな?^^

>白あずきさん
なぜここでグルメリポーター!?w
オリンピック並みに鳥さんが集まってくれりゃ、俺も苦労はしないんすけどねぇ^^;
セミって5年?7年だっけ? 地中にいるの。
逆に考えると、それくらい前の気候というか環境って何か大きな変化があったかな、と思い出してもみるんですが・・・。
単純に周期的なものなら、別に心配はいらんですよね。
クズを探す?葛かな、屑かなw

>かげさん
シギってここらじゃ見慣れない者ですから、実際の生態というか性格ってほとんど知らんのですよ。
こんな、普段からちょっと頓狂な感じなんですかねw
毎年いちいちセミが多いとか少ないとか、気にしたことがなかったんで、
今年はむしろその声の無ささに違和感を感じるんですよね。
なんか、俺の中ではまだ夏が来てないっつーかw
周期的なものならいいんですけど・・・。

>fumiQさん
俺もね、なんでこんなところにシギがいるんだろうと。
イメージじゃ湿地とか河口とか干潟とか、だもんなぁ。
いったいここで何を食えてるのやら・・・・。
こちらのキアシシギさん、もともと俺が立って写真を撮ってる位置に居たらしいんです(フンがいっぱいあったw)。
きっと、自分の定位置を取られて、気になって仕方がなかったのかもw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/695-4ed24f29

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。