野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すんませんスンマセン(汗
昨日、会社の同僚たちと晩飯食いに行ったら、思いのほか帰りが遅くなりまして。
帰宅してからバタバタしてたら日付が変わっちゃったんで、つい更新せず終いになってしまいました。
一応あす明後日と盆休暇 (有給で、だけど) ですが、それはそれで忙しそうなので、
ここしばらく順調に更新できるかも、一抹の不安あり・・・。
しかし実際、記事(というか時宜)が圧してますので、さっそく本日の上梓を。
っても先々週の土曜日のハナシなんですが・・・(さらに汗


散策の往路。
再び藪を掻き分け鉄橋の下をくぐるのが億劫だったので、
岩見川の土手道を上流へと向かったあとは、墓地を抜けばあちゃん家の集落を通って帰ることに。
途中、当然ばあちゃん家に寄って、勝手に敷地を徘徊しw


080802 ツバメ
  
  電線には、5・6羽のツバメたち。
  どうやらご家族のようでして。
  ときおり空をやって来る、何かを咥えたシルエットが親、電線で待っておねだりポ-ズをするのが子供たち。
  たまに飛んできた親の姿をいち早く認めて、兄弟を出し抜いて飛び立ち空中でエサを貰うコもいます。
  コドモながらにそういう知恵だけは、しっかり身に付いてるんだなw
  だけど飛べるんなら自分でエサ捕って来いよ、と思うのは俺だけ?


080802 スズメ

  その同じ電線には、一人っ子のスズメ
  まだ羽根も充分に抜け替わっていない、幼児のようです。
  こちらさんもじっと親を待ってました。
  けどね、面白いことにツバメとスズメ、同じ電線の1メートルも離れてないところに留まってんの。
  しかもスズメの方は、だんだんツバメに近づいていこうとするしw
  エサを持ち込む頻度は (大家族のせいか) ツバメの方が多いんだけど、
  もしかして子スズメ、あわよくばって思ってる!?


ばあちゃん家から先は、再び梵字川の土手道へ。
水面を見ると、やたら魚がライズしています。
どんよりした風も無い天気だと、虫が川面に来やすいのかもね。


080802 ミサゴ1

  そしてその上空には、魚を狙うミサゴさん。
  もはや梵字川の上にいても、驚かなくなりましたw


080802 ミサゴ2

  しばらく上空で待機、もしかしたら捕食の瞬間が見れるカモ!?
  そう期待したんですが、迷った挙句に諦めて飛んでいってしまいました。


そうそう、さっき晩飯の時におふくろから聞いた話。
なんと! 俺の母校のグラウンドに、クマが出たそうなw
いちおう言っときますが、俺の高校は秋田市内です。
まぁ確かに高校の後ろの道路には、未だに 「クマ注意」 の看板があります。
 (在学中から普通にあった、そして今も掲げられている・・・)
朝、カモシカと一緒に登校、ということもたまにありましたよ。
授業中、教室の窓からカモシカを見て和んだこともありましたよ。
放課後、部活動真っ最中のグラウンドのど真ん中で、カモシカが佇んでいることもありました。
隣の小学校の運動会に、カモシカが乱入したこともありましたしね (以上、普通に実話ですw)。
でもね、
         クマはないだろクマは!

くどいようですが、俺の母校は秋田市内なんすよ?
・・・・できれば在学中にあって欲しかったw  

スポンサーサイト

コメント

市内とはいえあちこち出没したという噂は聞きます。
是非自慢のファインダーに収めて下さいw

ツバメも親子でさかんに飛び回るようになりましたね。
仔スズメはそっちの餌もほし~何でしょうね。
ぜひクマと対・・・ゲフンゲフン

はじめまして

ネットをウロウロしてましたら、こちらのサイトに来ました。はじめまして。
鳥や虫の勉強になります。
おもしろいサイトですね。
私のところに紹介を載せてしまったのですがOKでしょうか。(私のところはあまり訪れる人もいないサイトではありますが)

よろしくおねがいいたします。

こんばんは。
クマと聞いて、酔っ払った牛柄さんが母校に乱入したのかと…。^^;
クマ似なのは冬だけでしたよね。^^

可愛いスズメちゃんは遊び相手が欲しかったのかもしれませんね。
一昨年、巣立ったばかりのスズメちゃんが私の周りを離れずに困ったことがありました。
怖がっている様子もなく、遊ぼ~遊ぼ~と誘っている感じでしたよ。
あの様子だと、カラスに対しても遊ぼうと…。(怖)

>仲村さん
ボートんとこ(前田)にも出てますよ、イオンの裏にも出たしw
ただ・・・・見たいヒトほど見れないんですよね、きっと。

>かげさん
ツバメの大家族、微笑ましいですよね^^
電線や枯れ葦にからんと並んで、あぁ家族だなぁ~と。
クマと対決ですか? いやあれは囲いのない状態では、遠くから眺めるべきモノかとw

>ぴっぴさん
いらっしゃいませ、どもども^^
“おもしろいサイト” というか・・・お笑い系自然観察モノというか^^;
普段こういう世界に縁のないなじみのない人に、よく見りゃ笑えるじゃんw と思って貰う、
そこから興味を持ってもらう、身近な自然にツッコミを入れてもらえるように、というキモチも多少アリw
なので紹介、むしろゼヒゼヒですよ、ありがとうゴザイマス^^

>fumiQさん
いやぁ流石に飲兵衛な俺でも、ヨッパで母校には・・・・w
巣立ったばかりのヒナは、無知というか警戒心が足りないというか、無邪気なところが可愛いですよね^^
親から離れて心細いときはムスッとした顔して座り込んでたりするけど、
一人歩き?できるようになると、人が傍まできてもチョロチョロしまわるだけだったり、警戒対象との距離が短かったり。
それがいつの間にかモノを覚えてきて、だんだん遠くなり、別の世界の存在となる・・・なんだか淋しいなぁ。
カラスならまだいいけど、猫にそれらやったヤバイですよね(程度問題だけどw)。

コスズメ

今日駅に行く途中、まさにまだ飛び方もおぼつかないスズメの子が、
すぐそばの中低木でウロウロしていました。
あ~、こんな至近距離なのに、なぜこんな日に限ってカメラを持ってない!!
コスズメは、一応飛べるけど、近くの枝をウロウロ行ったり来たりする程度。
首のあたりの羽がまだ生えそろってないし、
足もともおほつかない・・・。
たぶん、私にもつかまえられそうなトロさ。
この炎天下に放っておいて大丈夫かなぁ、と、しばし様子を見ていたのですが、
低木の茂みに、落ちるように飛び込んでいってしまったので、その場を離れました。
明日様子を見に行こうか・・・
でも、そこで干からびて死んでたらやだなぁ・・・。
頑張って生き延びててくださーい。

>白あずきさん
ニンゲンの子供だって、小さいときは誰にでも付いていっちゃうし、迷子になれば淋しくて誰かの裾をつかんでみたり、
足も遅いから逃げ切れなかったり転んでみたりと、そう考えればスズメっ子も一緒なのかも。
騒げばニンゲンと一緒で、きっと親御さんが見つけて保護してますよ、まだそんな幼児なら^^
しかしカメラを持ってなかったのは痛い、ぜひともロリスズメを見たかったなぁ(変態ではアリマセン)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/696-fb5a9abe

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。