野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年に入り急激な消費者物価の値上がりで、コメの人気が出ているそうな。
そうはいっても一年単位でつくる作物、まして人気とはいえまだまだコメ余りの続く世の中。
そんなわけで、耕作を休む田んぼもあちこちに見られます。
もちろん稲が植えられなくなった、ヒトの手の入っていない田んぼには、これ幸いと草がはこびり。
状況により乾いた草原になるのもあれば、
まるで沼地のようになってドジョウやザリガニが入り込み、それを狙う水鳥の集まるところも。
乾いてないけど溜まるほどの水もないってところは、湿生植物園のような趣に。


080816 不明種2
  
  ・・・・セリ?
  なんかそれっぽい葉の植物に、薄いピンク色のそれっぽい花が咲いていました。


080816 不明種3-1

  これは何でしょう? こんな感じの蕾が、


080816 不明種3-2

  咲くとこんなふうに。
  背丈は20センチくらい、細い葉に筒状の花。
  どっかで見たことあるんだけど、名前がどうしても探せない。
  

080816 不明種3-3

  正面から。
  白と黄色と、グラデーションにピンク。
  この花、ご存知の方いませんか。


080816 ヒメオトギリ?1

  もういっちょう、こちらはヒメオトギリでしょうか。
  カタバミかそれよりも小さい黄色い花、子房の特徴と葉の付き方からオトギリソウ系かな、と。


080816 ヒメオトギリ?2

  庭のヒペリカム某によく似た花で、大きさは比較にならんほど小さい。
  これ、けっこう可愛いかったなぁ。


田んぼといえば。
先日、叔母(おふくろの妹)の家に遊びに行ったおふくろが、叔父の笑える 悲しい行動を見てきたと。
なんでも田んぼの稲の一部を刈り取ってたそうな。
どうしてそんなことをしたのか、聞くところによると、
同じ田に別の種類の苗を植えてしまったことに、今頃気付いたのだと。
ひとつは、あきたこまち。
もうひとつは、コシヒカリ。
そう、農家なら分かるが、あきたこまちの出穂は早い、8月に入ればすぐに花を咲かし穂を垂れる。
いっぽう出の遅いコシヒカリ、今の時期はまだ葉だけが青々と。
ということで、一枚の田に2種類の稲を植えてしまったことにいまさら気付いた叔父、
近所に後ろ指さされ、恥じ入りながらも逆ギレしつつ、出荷の際コメが混じっては買い入れてもらえないわけで、
せっせとコシヒカリの方をひとり寂しく刈ってたそうな。
そんな混作のもともとの原因はといえば、やはり叔父。
生来おっちょこちょいの彼は、田植えのときにどうやら苗床を取り違えてしまってたようである。
ハワイ旅行にも連れてもらえず、こんな失敗談は序の口のような叔父、
そんな彼ではあるが、俺は結構好きだw
スポンサーサイト

コメント

2枚目以降はゴマノハグサの花に似てますね。
葉っぱの形や花の形からアゼトウガラシかな?って思うんですけど、どうでしょう?
優しげで可愛らしい花ですね。^^

叔父さんにとって、今年は厄年?
愛情込めて育ててきた稲を刈るのは辛かったでしょうね。
でも、収穫前に気づけてよかったです。

そうそう、湿性の休耕田は動植物が一杯でおもしろいですよね~
2枚目はfumiQさんと同じでアゼトウガラシに1票です。
叔父さん災難でしたね。

>fumiQさん
アゼトウガラシ、それだ!
すると、もう少ししたらトウガラシのような実が見れるのかもしれませんね、楽しみだな^^
叔父がこれくらいで辛かったなどと思ってたら、年中辛がってなくちゃなりませんw
それくらい逸話の多いヒトなんで^^;
新品種の元から小さいイモを、不作だと勘違いして全部ニワトリのエサにしちゃったり(叔母に怒られまくり)、
小屋に卵を食いにきたヘビを、逆にニワトリのエサにしちゃったり(それをつぶして、俺らの食卓に載る・・・)、
バイクで転んで骨折・血だらけになっても、オロナインだけで済ます・・・
もうね、何がなんだか ┐(´~`)┌  

>かげさん
休耕田って、周りを囲う野や森の環境とはまるで関係ないような独自の世界を作りますよね。
いずれ野に溶け込んでゆくのかもしれないけど、それまでの間にその植生を楽しむのも一興かも^^
叔父のことなら心配ナイです、まぁいつものことですからw
そんな彼と、あさっての法事には再会です、どんなハナシが聞けるかちょっとタノシミ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/706-2b879a80

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。