野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日の散策。
梵字川の土手道をさらに歩いていくと、ヤヴァイ物が落ちてた。

ということで、 ※ 注意 ※
見ようによってはグロです、苦手な方も多いかも。
早い話が巨大な芋虫なんで、ダメというヒトはここから先に進まないでください^^;




















そんな、道のど真ん中での出来事。


080830 スズメガ幼虫1

  わだちの硬い地面の上に、突如現れたイモムシ。
  ・・・・・遠目に見て○ンコだとか、ちぎれたヘビに見えたとか、そんなことはどうでもいい。
  問題なのは、その行動だ。


080830 スズメガ幼虫2

  このテのイモムシは、一見どっちが頭だか分からない人も多いかも。
  もっともそんなヒトは基本的にイモムシ毛虫が嫌いだろうから、
  冒頭の注意書き通り、ここまで読み進んでないとも思われるが。

  で、その行動とは・・・・。
  なんと、この固い地面を掘ってるんですよ!
  え、なんで? 何の目的で?  もうさなぎになりたいの?
  ってか掘るならもっと柔らかい地面を探せよ!w


080830 スズメガ幼虫3

  ちなみに大きさはこれくらい。
  じっと見つめられ観察されまくりなのに、全くもって俺のことは無視。
  ただひたすら掘り進んで行きます。
  しかもけっこう早いし。


080830 スズメガ幼虫4

  みるみるうちに頭がすっぽり納まるほどの穴を掘り、
  俺はこんな固い地面にそんなことをする理由がサッパリ解らないまま、現場を後にした。
  戻り道、再び現場にさしかかると、
  掘るのを諦めたのか、それともカラスにさらわれたのか、
  イモムシの姿は消えていたが、直径3cm/深さ1センチほどのくぼみが、
  この固い地面に穿られて残っていた。
  ヤツの行動は、いったい何だったんだろう。
  もっと掘りやすい場所を最初に選べばよかったのに・・・・。


ま、イモムシだけではナンなのでw

080830 アカトンボ
  
  お口直しに、アカトンボでもいかが^^:
スポンサーサイト

コメント

もう十分に大きくなっていますから、
土に潜ってサナギになりたいんでしょうね。
うちの蜜柑やくちなしの周りを掘ると、5,6cmくらいのスズメガのサナギが大量に出てきますよ。
(あんまり見たくないけど。^^;)

でも、なぜ砂利の中を選んだのでしょう?
探せば柔らかい地面はいっぱいあるのにね。
穴が残されていたということは、やっぱり諦めたのかな?^^

お久w 
文章読む前に画像がえらい下にあるのでやばげなモノかとは思いましたが
まさか糞とは思わなかった…ってペットの糞に見えました(笑)
短気な芋虫の末路がきになりますな。

スズメガの幼虫ですね。もう蛹化の準備ですか。
今年は冬が早いのかもしれませんね~。
こんなところで掘ってたんなら、鳥に食べられた可能性が高いですねぇ。

赤とんぼ、タイリクアカネですか?赤が綺麗ですね。

>fumiQさん
えー、もうサナギになってんですか。
成虫はモフモフで可愛いですよね、出会えるのもあと少しの辛抱だな。
って、そこまでの過程がちとグロなんすよね^^;
こちらのは諦めただけなのか、誘拐されちゃったのか・・・。
別の場所では緑色のヤツがカラスに咥えられてまして。
嘴の先でウニウニ暴れてるんすよ、それを嬉しそうに咥えて飛んでくカラス・・・オェ~となってしまいましたw

>florさん
お、久しぶり!
グロというか生理的に受け付けない御仁も多いかな、と^^;
俺もね、なんで道(轍)のど真ん中に野○ソがあるのかとw
見れば一生懸命仕事中なイモムシどん、なんだか場所替えさせるのもナンなので、そのまま放置しときましたが・・・。
しょうがないっすよね、どうなろうと自然の摂理だし(´・ω・`)

>kimさん
あ、やっぱりそう思います? 冬早そうだよなぁ。
ちょうどここはカラスの一家が棲んでる(いつも家族で電線に留まってる)ので、
あのあときっと攫われちゃったんではなかろか、と。
アカトンボ、タイリクですかねー? 
胸部をよく観察できなかったんで、アキかナツかどっちかすらも判らなかったけど、それかな。
今年はこの翅脈の付け根部分が色付きなのが多いです。
ショウジョウに出会えず、ハッチョウにいたってはここ数年会ってないので、赤いトンボはこれで我慢ですね^^;

いも虫何をしたいのかな?不思議
最後まで見いってしまいました
こんなのはじめて
どうなるか見たかったですね

>natutubakiさん
いや~田舎モンの俺は気が短いので、掘ってる最後まで見届けるなんてw
もしこれが柔らかい地面なら、すっぽり潜り込むまで時間もかからず見れたかもしれないですけどね。
イモムシさんも、難しいトコ選ばなくても良かったのに・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/710-ecd63cc1

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。