野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋分の日、久しぶりのフィールド。
どれくらい足を運んでなかったのかなー、と画像フォルダを見てみたら、
なんと9月に入って初めての、梵字川ワールド。
そりゃ周りの風景も生き物も、様変わりしてるわな。


080923 ウラギンヒョウモン

  あちこちで秋の花が群れ咲いている中、アザミにしがみつくウラギンヒョウモン
  この日は朝に降った雨の後、たいそう風が強くなりまして。
  写真を撮るにも難儀するわ、もちろん草木は洗濯機状態だわ、の大揺れ大回転。
  それでも関係ないねとばかりに、飛ばされることもなく平然と蜜を吸う。
  一体どうやって、その体を支えているんでしょかね。


080923 キボシカミキリ1

  梵字川の鉄橋をくぐったあと、とある虫さんを撮っているとき。
  そのすぐ脇に、この時期なんとも珍しいことにカミキリがいました。
  黒地に無数の黄色い星が輝く、その名もキボシカミキリさん。


080923 キボシカミキリ2

  捕まえてよく見ようとオヒゲを引っ張ったら、思いもかけず腹側が見えました。
   (ちなみに引っ張っても、留まっている葉から剥がれませんでした^^;)
  なんと、背中だけじゃなく顔やお腹まで星が散らばってるんですね~。

  このあと手を離したら、勢い余ったかコロンと転がって行方不明 _| ̄|○


080923 ツマグロイナゴ

  そういや今年はあまりバッタさんたちを見かけません。
  いや、いつもの面々はいることは居るんだけど、数が少ない。
  こちらは久しぶりにお会いした、ツマグロイナゴさん。
  他のバッタさんたちはもう、姿を消してしまったんでしょうか。
  ふと気付けば、9月も半ば過ぎ。
  出会える虫たちの数も、だいぶ減ってきているようです。
スポンサーサイト

コメント

また、来ました

こん!
昆虫、好きなもんで
また、来ました
ツマグロイナゴさん
よく、撮れてますー
バッタ類はすぐに
とんでいってしまって
私も写したいのですが
なかなか、うまくいかないです(。。汗
また、来ます、よろしく。

>忽さん
いらっし。
そういえばバッタさんの撮れるタイミングって、何なんでしょうかね。
向こうが疲れるまで追ったあと? 葉っぱ食べてる最中? どんなタイミングで近づけたんだったけかなー。
もし撮ろうとするならば、オンブバッタさんあたりが意外と容易いかもしれませんね。
彼らの表情も面白いから、一度試してみてください^^

いつの間にやらフィールドの葉色が変わりましたね。
あれだけ多かった緑が黄色や茶色に変わってしまって、
最後の写真は霜が降りた後みたいです。
葉に合わせるように虫たちも衣替えをしたんでしょうか?
虫たちも秋色ファッションですね。^^

>fumiQさん
ここでネタバレすると・・・・。
草が茶色く枯れてるのは、除草剤のせいです(´・ω・`)
しょうがないのかどうなのか、ちょうど農道のど真ん中だったもんで。
でもやはり、見渡すと確かに緑の色合いが変わってきてますね。
少し薄れてきたというか、黄味がかってきたというか。
もう少しすれば山々も紅葉で、また違った雰囲気になることでしょう。
そのあとすぐ、雪の季節になるんですけどね^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/726-7ded605f

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。