FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

10月になりましたな。
月末の締め、というものは月初にくるわけで、
おかげで昨日今日と業務過多、最近寒くて体調もよろしくないところ、
ダウン寸前です。
そんな、ちょっとばかりでなくお疲れ気味、週末が待ち遠しい俺ですが、
とりあえず、こないだの日曜日のお話でも。


9月最後の日曜日。
夏の住人・虫たちは数を減らしていき、代わりに鳥たちの姿が多くなってきました。

例年よりやたらと多いモズたち、何だか知らんが大勢で空をあっちゃこっちゃと飛び回るカケスたち。
こっちが気付いてないのに、先回りして逃げてくカルガモたち。
ピーピー言いながら飛び交うカワセミ、憂いを誘うカイツブリの声。
そんな中、梵字川沿いを通り岩見川の土手道まできたとき、
土手道と河川敷が、やたらとうるさい囁き声(なんのこっちゃ)に包まれていた。


080928 シジュウカラ

  何のことはない、シジュウカラさんとホオジロなんすけどね。
  そうか、いつのまにか平地へのお引越しの時期なんだなぁ。


080928 ハシブトガラス

  岩見川では、なぜかハシブトガラスさんが・・・・・・水遊び?
  水の中のエサを拾ってる風でもなく、かといって水を飲んでる風でもなく。
  自慢の太い嘴から、すくった水をジャ~と流して・・・・これは遊んでんのか???
  何回も繰り返す様子に、俺は?マークだらけ。


080928 羽根

  道中、幾度も見かける落ちた羽根。
  そのどれもが違う鳥さんのもののようだ。
  こちらは、中でも綺麗だな~と思った一枚。


080928 カルガモ

  そろそろ鳥さんの季節だなぁと思いながら、梵字川の帰り道。
  ちょうど集落の中を通る位置、川床にはみっしりと水草が生えている。
  そこを上流からドンブラコと流れてくる、カルガモ
  一羽はスルーしてしまいましたが (スゴイ勢いで流れてったからw)、
  残りのコたちは方向転換し、上流へ。
  しかし、その肢に水草絡まんのかね。


季節は着実に移行してきていますな。
なんせ、鉄砲の音が聞こえてきましたから。
・・・・・鉄砲? 猟銃!?
あれー、まだ禁猟期間だよな・・・(解禁日は11/1)。

ということで、続く。
スポンサーサイト



コメント

鳥さんたちにとって、この時期は"師走"みたいなものかもしれませんね。
意味があるのか無いのか分かりませんが、
この時期の鳥さんって、忙しそうに鳴き叫んでいるように思います。
わが家の前の電線でもモズさんとヒヨちゃんが交互に叫んで困っているんですよぉ…。^^;

相も変わらず、ハシブトガラスさんはマイペースですね。
岩見川の水のテイスティングごっこかな?^^

>fumiQさん
そうですね、移動やら食いだめやらで、忙しさは人間の師走の比じゃないかもw
集まれ~、どこそこはエサが多いぞ、こっちに移動だ! と、お互い声を掛けながらですからねぇ。
・・・・うーむ、確かに周りにはメイワクかも。
そんな中、年中わが道を行くカラスは、このときだけ和み系かもw
しっかし、ホントに何やってたんでしょうかね、やっぱテイスティングですか^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/728-eb1c3643

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング