野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小鳥さんを見るには、まだまだ邪魔な緑が多いフィールド。
だけど季節は着実に移ってきているようで。
いつの間にか野には、来たる冬を偲ばせるいろんな綿毛が増えていた。


081025 ススキ1

  ススキって、咲いてるときよりも綿毛になった後のほうが好きだ。
  本当にそれが仲間を増やすのか、俺は寡聞しにて知らないけれど、
  ちゃんと実を付けていることに、安心を覚えるのもこの姿。


081025 ススキ2

  少しずつ飛び立ち、残すはあとわずか。
  その切なささえ感じる、美しさ。


081025 アキノノゲシ

  内気で儚げな花のわりには、大雑把な感じのアキノノゲシの綿毛。
  大きな実を数少ない綿毛で飛ばす、その不思議。


081025 オギ

  オギの綿毛は、銀の色。
  その房の群れる様はプラチナのよう、その一本々々は真白の羽毛のよう。
  近くに遠くに、見る者を幻想へと誘う、魔法の綿毛。


稲が刈り取られ、今年の役目を終えた田んぼの畦には、
何度も下刈りされ機会を失っていたチガヤが、ようやく綿毛の穂を伸ばすことに成功し。
もう少しすれば、彼らの風に群れたなびく姿が見れることだろう。
秋の陽に映える、綿毛の野を。
スポンサーサイト

コメント

ふわふわ飛行~

こん!
お久しぶりです
また、飛んで来ました
今回は、いつもと違いますね
秋の詩の世界
こおして並べて見ると
ほんとに違いがわかります
オギの綿毛は長くてほんと綺麗
わたげって夢がありますね

私も何枚か撮ってみましたが
…ピンボケで、あかん
また明日チャレンジしてみます。

牛柄さんは綿毛がお好きですよね~。
そういう私も大好きです。^^
見ていて落ち着くというか、優しく包まれている感じが好きなんですよね。

植物にとっては子育て&一生の最終段階であるけれど、
綿毛にとっては独り立ちのとき。
旅のお供が綿毛だけなのは不安ですが、
素敵な場所にたどり着けることを願いたいものです。
春に元気な新芽を見せてくれるといいですね。

>忽さん
そりゃ俺は繊細な文学青年ですから(←ウソ)。
って、実際には誰もそんなこと言ってくれませんけどね(←本当 _| ̄|○ )。
でもたまにはいいじゃないですか、詩的な世界^^;
綿毛写真のポイントは、じっと待つことでしょうか。
止まった瞬間を狙うだけ、だけどなかなかタイミングが合わないモンですよね。
どうです、その後いい画が撮れましたか?

>fumiQさん
綿毛って季節柄もあるんだろけど、淋しげな温かさがいいですよね。
そう、暖かさではなく、温かさ。
布団の中身とかムートンとかで得られるものではなく、
生きてきた証が生む優しさ温かさなのかな、そこに命を感じます。
ところでfumiQさんはご存知? ススキとかオギの綿毛・種って、発芽や成長率の有効性どれくらいなんでしょか。
あの小さな種がいずれ大きな株になるんだろかと、いささか心配にもなる旅立ちではありました。
今まで気にしたことなかったけど、来春には種から成長した彼らの姿を見てみたいものですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/745-0d60cab7

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。