野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梵字川の対岸は、山である。
川沿いに途中まで、山仕事用の細い小道が走っていることはいるのだが。
まぁ基本すぐに山、林が迫る。
しかしそんな壁のような対岸も、ところどころ林が奥に引いたところがあるわけで。
たぶん下には沢か何かあって凹んでて、それで杉林ではなく雑木なんだろなーとは思う。
もちろん地面は見えない、大量の藪で覆われてるから。

そんな、とある対岸の傾斜になった藪。
鳥さんを探している俺の目に、鳥さんとは思えない揺れを見せる藪の一点。
ん、もっと大きな鳥か? タヌキか?
それはなかなか出てこない、もしかして山に入ってた人が降りてきたとこか。
そして、ようやく藪から出てきて小道に立ったのは、


081101 カモシカ1

  アオジシこと、カモシカでした。


ということで、以下の画像は特に記載がない限り、すべてノートリ・リサイズのみです。


081101 カモシカ2

             【こちらの画像は、クリックするとでっかくなります】
 
  なにせ対岸とはいえ、梵字川はそう川幅の広い川じゃない。
  向こうさんとの距離は、最短で10mもないだろう。
  一体全体、俺に気付いてないのか? それくらいノンビリしたヤツでした。


081101 カモシカ3

             【こちらの画像は、クリックするとでっかくなります】

  どこででも食えるだろうに、わざわざ広いトコに降りてきてお食事w
  いったい何の葉っぱを選んでるんだろう?


081101 カモシカ4

             【こちらの画像は、クリックするとでっかくなります】

  
081101 カモシカ5

  頭が見えないと、まるで犬?


081101 カモシカ6

  大きさはだいたい、脚の長いピレネー犬くらいかなぁ。
  

081101 カモシカ7

  (この画像だけ、トリミングしてます)
  角の輪で年齢が分かるそうだけど、俺には数え方がワカラン。


081101 カモシカ8

             【こちらの画像は、クリックするとでっかくなります】

  ひとしきり食べた後で、右に行こうか左に進もうかお悩み中。


081101 カモシカ9

  と、ふと山の上を見上げ、固まること数分。
  何だなんだ? 上になにか居るのか!?
  しかしこうして見ると、角がなけりゃ犬か狼みたいじゃないかw


多分気付いてはいたんだろうけど、俺の存在はまるっきり無視。
 (川を挟んだ対岸、ニンゲンなんか手出しできっこないと思ってたに違いない)
のんびりぶらぶらしながら、あっちで葉を食みこっちで食みしてたのに、
急にしきりと斜面の上を気にしだした、カモシカさん。
そして突然、


081101 カモシカ10
  
  走って逃げ出しました・・・・・山の中へではなく、人の小道を通ってw
  こうしてみると、やはり犬ではなくカモシカですね。


カモシカとの数十分間の逢瀬、その間まわりではうるさいほどの鳥たちの鳴き声。
間近でベニマシコがいくら騒ごうとも、目の前をカシラダカやらが飛び交おうとも、
久しぶりに見た、しかし野生動物では一番身近な、そのくせイッチョマエに特別天然記念物なカモシカに、
ストーカーの如く釘付けの、しばしの夢時間でした。
スポンサーサイト

コメント

野生のカモシカらしからぬ(?)のんびりとした表情と行動のカモシカさんですね。^^
だからこそ、こうやって近距離で拝めたのかな?
突然とはいえ、素敵な出会いでしたね。

しかし、わざわざ危険な人里にまで下りてきて、
しかも、葉っぱを食べていたということは、あの葉っぱは美味なんでしょうか?
それとも牛柄さんを偵察?^^
冬の梵字川、今年もいろんな子たちが登場して面白くなりそうですね♪

『青鹿』って、酒の名前みたい

>そんな白あずき家の大騒動の合間、俺は・・・・ムフフ。
って、いったいなにぃ~???
と、気になって飛んできました。

す、すごいです!
こんなに近くでっ!
いい顔してますね~、優しそうな。
私も岩手の山の中で遭遇したことあります。
固まりました(お互い)。
神秘的ですよね~。

見ているのをどこ吹く風、ワシワシなにか食べてますね。
以前、新潟の山道を下りていたら、曲がり角でばったり!
数mの距離でにらめっこしてしまったことが・・・
白あずきさんと同じで、あれは固まりますね。

カモシカ!すごいです

こん!
お久しぶりです

角の輪っか11個はっきり写真に
写ってますけど…単純に11歳?
もしかして青春真っ盛り?

それにしても特別天然記念物が
近くで見られる環境はそれなりに
厳しいのでは?
そこに人が入って行ける
自然の懐の大きさを感じました。


おお!カモシカですか!
北海道にはいない動物、見られて嬉しいです。
結構立派な角を持っているのですね。
年齢がわかるということは、エゾシカのように毎年生え変わったりはしないのでしょうか。

>fumiQさん
いやいや、カモシカって結構天然ですよw
なにせヒトが近くにいても気付かずバッタリ、ってこともしばしば。
まさか自分が天然記念物で狩られないってこと知ってるわけじゃないだろけど、
人里はおろか庭にも来るし、こないだは市警の地下駐車場に迷いこんでたり^^;
いろんなモノが出没する梵字川、いつかナマタヌキ・ナマキツネを見てみたいものです。

>白あずきさん
お、さっそく引っかかった(・∀・)
 >>酒の名前みたい
って、北鹿の姉妹品ですかw
優しそうな顔、視点を変えれば抜けた顔・・・(←全くもって無視されてた悔し紛れ)
俺も接近遭遇したことあります、神社の参道で3メートルほどの距離で。
お互い気まず~い雰囲気で他人のフリしてましたw
俺も神性を感じられるようにならないと^^;

>かげさん
あれは何か選んで食ってるんでしょうかねー。
葉を求めて水際まで降りたときにゃ、跳んでこちら岸に来るのかと。
まさか、そこまで俺に気付かんのだろか・・・ホンキで悩みましたよw

>忽さん
輪っかひとつで何歳なのか、それがナゾ・・・・・。
そういやカモシカって、西日本では絶滅してるんでしたっけ。
特別天然記念物とはいえ、俺には野生動物のなかでは一番なじみ深いヤツです。
なんせ庭にも来る・・・・犬が吼えようと構わず来る⇒畑の野菜を食う⇒飽きたら帰る、ですよトホホ。
なので、ヒトには全然厳しい環境なんかじゃありません、
カモシカにとっちゃ道路も川も横断してくる危険はあるだろけど。
・・・・・なんでそこまでして来るんだろ(´・ω・`)

>kimさん
そういやホカーイドにも居ないんだっけ。
ってか俺はむしろ、シカが見たいぞー!
 (いちおう秋田にも居ます、北限のニホンジカだそうな)
カモシカの角は牛と一緒ですな、折れたら終わりです・・・。
山ではこの鋭い角に刺されて、毎年各地で死亡者が出てますねコワー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/752-358daed5

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。