野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の季節、庭の花は菊が真っ盛りだ。
毎日覗き込んでしまうが、今日は一風変わったヒラタアブがいた。

黒いホソヒメヒラタアブ  黒いヒラタアブ
  たぶん、ホソヒメヒラタアブだと思われ
  胸部の辺縁が黄色くないし
  大きさ的にそうかな、と

  これより一回り大きいホソヒラタアブは
  蛹の時期が寒いと黒っぽい個体に
  なるそうだが
  ホソヒメヒラタアブもそうなのかな
  ちょっと極端じゃあるまいか?




黒いホソヒメヒラタアブと、ホソヒラタアブ  黒いヒラタアブと、ホソヒラタアブ  
  一応、遠近法かかってますから
  奥のホソヒラタアブと比べると
  だいぶ小さいことが判る・・・かな?
  ちなみに普通のホソヒメヒラタアブは ↓
  (「~昆虫観察ガイド」さんより)
  埼玉県三郷市・千葉県流山市 昆虫観察ガイドより


ついでだから、似ったくさいハナアブの見分け方

ナミハナアブと菊   菊とシマハナアブ
  ナミハナアブ            シマハナアブ
 写真で見る限り、まぁ違うよな、となってしまいそうだが
 腹部(シマシマのところ) の模様で区別はできないそうだ。
 違いは、胸部 (背中ね)がぼやけた模様がナミハナアブ
 黒と灰の2色の縞があるのがシマハナアブ (クリック拡大で確認してみてけれ)
 あと、ツラも違う。

ナミハナアブ正面顔   シマハナアブの正面顔
  「ナミ」 の顔             「シマ」 の顔
 顔面にくっきりと黒い1本線が入るのが、ナミハナアブ
 一方のシマハナアブは、かなりぼやけた感じ

以上、「埼玉県三郷市・千葉県流山市 昆虫観察ガイド」 さんを参考にさせて頂きました。


ツマグロキンバエ他
  お ま け
  
  本日の一番人気なキク
  お客さんはツマグロキンバエ寄生蜂の仲間 
  人気の秘訣は何なんだろね
  
  
スポンサーサイト

コメント

似てるの多い

おはようございます。
アブもよーく見ないとわかんないんだろうなぁ。
ここでは うんうんって写真見てるから分かるんだけど。
菊の花(特に山野草)って これがまた似ているんで
調べるのに大変です。

好きこそものの上手なれ、っていうか偏食児童っちゅうか、気にならないことや物は俺もあまり知らないんですよ。
菊なんかも、これがなんていう菊なのかわかんないし、正直これから先調べることになるかどうか。
気になりだしたら、一気に調べ上げるんだろなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/76-3f76b8ab

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。