野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいった。
今朝起きたら、積もってた。
昨晩、いやに外が静かだなとは思ったけど。
ときおり窓ガラスを叩くパチパチいう音はあったけど。
でもねー、あんまりじゃないか、車に5センチも積もりやがって。
もちろん道路は圧雪状態、しかも交通量の多いはずの国道まで。
除雪せんか除雪、国土交通省は何やってる!
いや県でも市でもいい、「積雪10センチになったら出動します」 じゃなくて、今すぐやってくれ。
お願いしますお役人様、せめて融雪剤だけでも~!
・・・・・という今朝、会社の周りには雪が無かった(´・ω・`)

とりあえず早めに済ましてたタイヤ交換に自画自賛(?)し、無事出社。
しかし・・・・・腹が痛い。
なので帰れるうちに、とっとと早退。
さっきまで寝てました。

そんなことは、さておき。
これは、まだ雪が降り出す前のお話。


土曜日の散策。
岩見川の堰堤の水門は、まだ閉まったまま。
なので梵字川の水位も高く、川原に下りることはできない。
もちろん、岩見川では川原も水没中。
いつごろ水門開けるんだ? そろそろ川原に下りたい季節なのに。

とりあえず、合流点は三角地帯の突端、まさしく梵字川と岩見川が合流するところへ向かう。
視界をさえぎる藪を漕ぎ、川岸ぎりぎりに立つ。
と、目の前に、


081115 オオハクチョウ1

  唐突に2羽のオオハクチョウの姿。
  その距離、5メートルないか、ハクチョウも俺の接近に気付かなかったのかな。

この時期、もう岩見川にハクチョウが来ていることにビックリしたが、
それよりも、ここまで俺に寄られるまで気付かなかったドン臭さにあきれた。
しかも慌てる風でもなく、平常心を装って悠々と泳いで逃げてく姿にもw

岩見川の方へと泳いでいったので、土手に上がれば群れが来てるのを確認できるかもしれない。
しかし声はすれども、まだ藪が濃く邪魔で見えない。
しかたない、この藪を漕いで河川敷を抜けてみるか。


081115 オオハクチョウ2

  いましたいました、その数10羽前後 (数えてこなかった・・・ _| ̄|○ )


081115 オオハクチョウ3

  しかし何かご相談中。
  というのも、


081115 保育園児

  彼らの真上、俺の向かいの土手道(サイクリングロード)には、園児の姿・・・。
  お前ら、ウルセー!
  ってか保母さんよ、そこの柵壊れてっぞ、子供が乗ったら倒れかねないんだが。

  
081115 オオハクチョウ4

  園児たちのあまりの煩さに、隊長が上流へと向かう。
  そしてその後ろには、一直線に並んで付き従う隊員たち。
  川の真ん中まで来たところで、彼らは、


081115 オオハクチョウ5
  
  順番に飛び立っていきました。
  

しかし岩見川にハクチョウが来るの、こんなに早かったっけ?
まぁいいや、あとは順次どんなカモさんが来るのかが楽しみだな。
スポンサーサイト

コメント

まぁまぁ、あの子たちも今自然に親しんでおけば、
自然大好きな大人になってくれるかもしれませんから。
ただ… その声で動物たちは逃げちゃうかもしれませんけど。^^;
子ども達って喜びを声の大きさで表現しちゃうんですよね~。

あのハクチョウさんが5m先に居るって凄くないですか!?
渡ってきたばっかりで疲れてたのかな?
これから先、露骨な話し合い&飛び去りが増えることを予想しつつも、
どんな鳥たちがやって来るのか楽しみにしています。

鳥たちを見るとうらやましくなりますね
気持ちよさそうだし
高いところから下を見たり出来ていいな~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>fumiQさん
そうか! 言われてみれば・・・・子供の喜び表現は声の大きさに比例する、ナットク^^;
今まで気付かなかったけど、いろんな場面を思い起こせば帰納されますね~。
とはいえ俺が藪を必死こいて見に行ったのに、ヤツラはのうのうと上から・・・と思うとちょっと悔しいw
野生の警戒心タップリな、ここらに来るハクチョウにしては、驚きの近さでした。
藪を抜けて視界が広がったと思ったら、目の前にですもんね。
向こうさんもきっと、タヌキかカモシカかクマだとかと思ってたんだろな~(この日の服装は完全保護色でした)。

>natutubakiさん
冬になると、身近なところに鳥さんがやって来ますよね。
natutubakiさんちのお庭にも、なかなかいい鳥さん来そうじゃないですか。
天気のいいときならいいけど、風の強い日の鳥さん、飛ぶの可哀相なくらいになりますね。

>ヒミチュのコメントさん
あ、こちらオオハクチョウさんです^^;
縮小しちゃったけど、原画ではオオハクチョウの立派な嘴が確認できます、
体格もまごうことなきオオハクさんでしたし。
それに・・・・ここら、あんまコハクさん来ないし(淋
↓の群れ、やっぱカラスの類なんですかねぇ。
ハシブトさんだったとしても珍しいぞ、ここらじゃ滅多に見かけないからね。
 (それだけ田舎、ってことですが^^;)
体色(翼の色とか)ですが、光源すなわち太陽の方向と角度からは、どうしても反射には思えませんでした。
今となっては確認する術もありませんが・・・。

そおかー! 雪かぁー! (以下自粛

最後の飛び立つ白鳥さん、
水面を駆けてるように見えて、笑えます。
白鳥さんの声も、なかなかの奇声ですよね。
盛岡にも飛来するので、懐かしいです。

>白あずきさん
ええ、雪ですよ~!
夜中に積もって、昼間に消えるを繰り返す、ここのところ・・・。
ハクチョウさんは一気に飛び立てないので、水面を走る瞬間は面白いモンです。
言い方を変えると、助走のできる広いとこじゃないと・・・・なんて無防備なんだ。
ところで年末は盛岡に帰れそうなんすかね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/762-e84b7cff

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。