野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おとついサケの死骸を撮り、実際に泳いでるサケも確認したが
写真を撮るまでには到らなかった。
そこで、リベンジとばかりに早起きして、再び現場に向かう。

途中、人んちの畑でキャベツの虫をついばむモズ発見。
ぜひ足(翼?)を延ばして俺んちにも来てくれ!

サケの死骸・まだあった
  サケの死骸はまだあった
  一昨日夕方からの雨で流されたと思っていたが
  結構しっかり者の死骸だ

  しかし、この濁りはどうにかならんのかね
  ちょっと下流には、2口ガスコンロが沈んでたぞ
  誰だ不法投棄したの!






障害物を前に一休みするサケ
 生きたサケ発見 
 あの、20cmの段差の下流側に居、それを上ろうと英気を蓄えているようだ。
 今か今かと段差のそばで待つも、待つのに飽きて少し離れたら、背後で 「バシャバシャ、ドボン」 という水音が。
 決定的瞬間を逃した気分だ。

 段差の上流、少し浅くなったところでは、1匹のメスを数匹のオスが追い掛け回す姿もちらほら (川幅狭いのに)。
 撮ろうとすると、すぐ草陰に隠れてしまう。
 そんな傍ら、ハヤらしき15cmほどの魚たちが、水面から思い切り全身を跳ばして補虫しまくる。
 どっちを撮ろうか迷うが、結局は 「二兎を~」 踏襲 つД`)。
 

サケ側面から
 段差から10mほど下った、広い淀み。
 向こう岸近くにもサケがいる。
 かなり拡大してて画像が荒れているが (だって望遠ないんだもん)、判るだろうか。
 ずいぶん衰弱してるようで、こんな止まったような流れにも黙って押し戻され、ときどき思い出したように泳ぎだす。
 肉眼で視認すると、鼻先は白く剥け、あちこち傷だらけのようだ。
 道中の無事を祈る。

 晩飯を食いにきた伯父に、「川にサケが上ってきてるんだけど?」 と話したら
 一昨日の寄り合いでも噂になっていたそうだ。
 多分、間違えて遡上したんじゃないか、などと話してきたと言うが
 それにしては間違えるサケ多くないか。
 2.3匹どころのハナシじゃないぞ?
 ま、このままどんどん遡上するサケが増えてくれたら、見るほうも嬉しいけどね。
 川を汚さないようにしようよ。
スポンサーサイト

コメント

嬉しいね!

鮭の遡上って川が綺麗な事の証明みたいな気がする...
のに汚れてるんですよね。
鮭的にはギリギリ許せる範囲までの汚れになったという事なんでしょう! 凄いですね。
川床があること、遡上の道が残ってる事、上流の森が豊かであることなんかが大事なのかな。ほんとは家庭の合成洗剤も良くないらしいのですが つい使ってしまっています。既存の製品よりもっとダメージの少ないものが出ると良いのですけど。

自然を守りたいな

こんばんは!
考えてみると、魚を地上から撮ってブログに載せるって、なかなか新しい試みですよね。
できるならやってみたいものです。
せっかく鮭が上ってきてくれたのに、護岸ブロックでは、なんか残念ですよね。治水の方法って他にもあるのに。川は生き物達のものでもあるんですから。
鮭は本当に産卵できたのでしょうか?不安です。

見た目こんなだけど、実はそんなに汚れてなくて生き物には住みよいのかもね。
実際、ここにはカワセミもいるし、バン?みたいな黒くて嘴の赤い水鳥のつがいが巣を作ってたりするよ。
だから、4年後に戻ってくるだろうサケのためにも、せめてこれ以上は汚したくないよね。
サケにだって人にだって、ふるさとが荒廃してる!なんていわれたくないでしょ、ね。
その前に、サケよ無事に産卵しててくれ、だな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/78-467804aa

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。