野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水門が開けられ、水量の減った岩見川。
出現した川原に降りると、ハクチョウやらカモたちはいつもと違う場所で屯ってた。


090222 ハクチョウたち1

  しかも数が戻ってるし。
  あんたら、こないだまで何処行ってたんすかね。
  アオサギさんが所在なさ気w


090222 ハクチョウたち2

  しかも、こんだけ居るのに彼らは用心深い。
  俺の姿を確認するや、そっぽを向く。


090222 ハクチョウたち3

                      ――― ぞろぞろ・・・・・。
  なーんか、ヤな感じ。


090222 ハクチョウとカモ

  しまいにゃ飛ばれるし(涙


ところで一緒にいたカモさんたち、いつもと雰囲気が違ったのね。
カルガモ軍団だったらさ、こっちが “バカタレー!” と言いたくなるくらい、ソッコーで飛んでくのに。
ヤツら、なんか余裕かましてんの。
なんか心境の変化でもあったのか?

河川敷に上がり、さらに土手道に戻る。
岩見川の土手道を上流へと歩いていくと、逃げ出したカモやらハクチョウたちに追いついた。


090222 オナガガモ1

  よく見ると、カルガモじゃない。
  どうやらオナガガモのようだ。
  

090222 オナガガモ2

  珍しいね、ここらに大量のオナガガモとは。
  いつもは数羽混じるぐらいなのに、雄物川から移動してきたのかな。
  

週末には3月になってしまう、月日の経つのは早いもんですな。
大空にはガンたちの編隊が多くなり、出勤路にそれを見てしまうと運転が危ないw
鳥さんたちの移動がもうすぐ始まる、それにつられて俺もそわそわしてしまう。
このところ荒天続きの週末、たまにはスッキリと晴れてくれて、好天の下で散策を楽しみたいものですな。
スポンサーサイト

コメント

1枚目のアオサギさんには笑ってしまいました。
1人だけ浮いているといいますか、ポツンと佇む姿が哀れに思えてしまいます。

で、一斉に飛び立ったハクチョウさん達ですが、
恒例行事とはいえ、心にズキッときた上に直後の静けさが妙に空しかったことでしょう。
心中お察しします。^^
でも、春の雪解けとともに彼らも旅立ってしまうのかと思うと、
ちょっぴり寂しく感じてしまいますね。

普段でっかく見えるアオサギもハクチョウの群れの中だとちっさく見えますね。
今年はオナガガモを見ずじまいのようです。
それにしてもみんな見事にシンクロして行動しますね。
前の記事のオジロワシ、すごいですね!

>fumiQさん
あの大量のハクチョウさんに囲まれて、それでもなおそこに固執するアオサギさんでしたw
只中に居て、なにを思ってるんだろか。
この日は珍しくカモたちの _| ̄|○ な態度に打ちのめされなかったのに、
ハクチョウさんたちの仕打ちには、やっぱり(´・ω・`)ですね^^;
まぁ別にエサやり人と思われてるわけでもないので、彼らにとっちゃ当然の態度なんだろけど。
今年は暖冬だから、彼らも帰るのが早いのかなぁ・・・。

>かげさん
あらためて見ると、ハクチョウって大きいですよね。
いつも思うんだ、またがってみたいとw (迷惑だろけど)
しかし・・・あのシンクロは掛声だけでなくきっとテレパシーもあるに違いない、そうすら思えますね。
オナガガモというと、どうもかつての雄物川の餌場の連中が頭にあるんで、アホながっついたイメージしか^^;
オジロ、贅沢かもしれませんがもう一度しっかり見てみたいですよ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/822-4070eb2f

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。