野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霧雨に巻かれながらも、散策に出た日曜日。
梵字川の鉄橋をくぐるとき、足元にスズメの仔っこが落ちてるのに気付いた。
っても先に気付いたのは俺ではなく、スズメっ子。
慌てつつもおぼつかない羽ばたきで、ちょこっとずつ逃げていく。
上の架線には、親鳥とおぼしき応援団・・・・ん? 俺への非難の声か。
まぁ危害は加えるつもりもないんで、草むらに逃げ込んだのを確認してその場を去る。


090524 アカスジカメムシ

  その鉄橋をくぐり抜けると、目の前にド派手なヤツが。
  そうかー、こいつらが出てくる時期になったか・・・・・。
  ま、まだコイツは甲虫っぽくも見えるからいいんですけどね、アカスジカメムシよ。


090524 スジグロシロチョウ

  そのそばでは、スジグロシロチョウが静かに雨宿り。


三角地帯に入ると、そこは藪w
もはや俺が週一で通る小道など、見る影もありません。
それでもなんとか慎重に進む・・・・・毛虫やら何やらが俺の進行を阻むんで。

三角地帯は二段式。
高台は潅木や茨などが茂る、ホントに藪。
一段低くなったヒラはむしろ草地、というふうな区分けになっている。
なので若干だけど、高台とそこから7・80センチ下に広がるヒラとでは、
ほんとにせまい区域だけど、雰囲気が異なってくる。


090524 ヤマトシリアゲ

  あぁやっと出会えた、オスのシリアゲムシ(ヤマトシリアゲ)です。
  やっぱこの色、春型の黒は格好良さが違うなぁ。
  しかし・・・彼のカッコヨサは、見た目だけだったw
  黙ってみてるとこいつ、何度も葉から転げそうになり、飛んだ先でも着地失敗してたり。
  雨だったからな、そういうことにしておこう^^;

  
090524 モンカゲロウ

  シリアゲ君のそばでは、生まれたばかりに美しいモンカゲロウ
  カゲロウって不思議、儚さと生命の力強さとを同時に感じるんだもんな。


090524 ニホンベニコメツキ

  ヒラをさらに進むと、やたら立派なヒゲと赤い体が目立つ物体。
  その色とそのヒゲとで、どうにも目立つニホンベニコメツキさん。
  ヒゲが立派なだけでもダメ、派手な赤で目立つだけでもダメって、けっこう自己主張の強い方ですね。
  そのせいか、雨も一向に気にせず、もちろん俺のことも全然気にせずw


090524 ヤマトヒラタアブ

  大きなヌルデの木の下、雨の当たらないところでは、
  ヤマトヒラタアブさんが雨宿り。
  触っても逃げていかない、なんとも悠長なヤツでした。


昨日今日と、どうやら秋田は夏日だったようで。
っても日中は会社に缶詰なんで、どれくらい暑かったなんて全然実感できず。
てかさー、この仕事のフィーバーぶり、いつまで続くんだろ・・・・・。
そろそろ残業なしになって、明るいうちに帰りたいんだけどな(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。^^
実習が終わったので、しばらく落ち着けそうです。

どの虫さんたちも個性的でいい味を出してますね。
特に最後のヤマトヒラタアブさんは懐かしさもあって癒されます。^^
(王冠のような触角がなんとも可愛い♪)

我が家では、いつの間にやらウメエダシャクさんが大発生していました。
不器用ながら一生懸命舞う姿を見ていると、
なんだか自分を見ているようで…ついつい応援したくなっちゃいます。
あと、ナメ公も大発生して困ってます。^^;

虫好き

こん!
これは見た事のある虫さんが、いるいる
嬉しいです…
ヤマトヒラタアブさんは追っても逃げなくて不思議に思ってましたが、触っても
逃げないのですね…
ヤマトシリアゲさんは初めて見ました
だいぶ、お疲れの状態だったのでは
虫のしぐさも、人のしぐさと同じで
どんくさいのやら、すばしっこいのやら
見ているのが楽しいです。



>fumiQさん
おヒサです、お元気でしたか^^
早くも二ヶ月とはいえ、慣れる暇なく実習ですか!
ウメエダシャクさんも出る季節になったんですもんね、時が移るのは早いなぁ。
ところでお庭、どうされてますか? 今年もアシナガさんは住宅建設されてるんでしょうか。
身近に癒しを与えてくれるものが居るということ、fumiQさんなら解かってますよね^^
うちではナメクジこそそんなに出ませんが、変わりにダマシ(ニジュウヤホシテントウ)が T-T

>忽さん
ヤマトヒラタさんは大きい方なので、他のハナアブさんよりもおっとりさんなのかも知れませんね^^;
シリアゲさんはあの馬面(ダースベイダーを連想してしまう^^;)と、雄のサソリのような尾が素晴らしいですよ。
薄暗いところが好きなので、もし見かけたらよく見てみてください、
英語でスコルピオンフライというのが納得できると思います(俺も人から教えてもらって納得した)。
馴染みのある虫さんたちも、常に新鮮な気持ちで見続けたいものですね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/894-f85a440b

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。