野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日上梓の記事から、ちょっと遡って。

土曜日の散策。
寝坊したせいで、すでに気温が上がってきている中を歩く。
梵字川の土手道を、先輩の家の裏まで来たときだった。


090620 コイ1

  ふと川面を見下ろすと、コイ
  そうかー、コイが上がってくる季節になったか。


090620 コイ2

  梅雨なのに全然雨が降らないせいで、水量はいつもより少ない。
  そんな浅くなった川、勢いつければ飛び越せそうな狭い川に、
  丸見え状態で、コイ。


090620 コイ3

  こちらはどうやらカポーらしい、大きい方は50cm弱、小さい方は40cmくらいか。


090620 コイ4

  コイたち、この時期になるとよく梵字川で見られるんだけど、
  きっと産卵のためにわざわざ岩見川から上がってきたんだろな、あの堰堤を越えて。


そういえば、梵字川はコイ釣りの隠れた名所。
堰堤の下の川幅が広がったあたりは、さぞや釣り人たちが入ってるに違いない・・・・。
と思ったら、この日は全然居ず。
かわりにコイたちはウジャウジャいましたけどね、あ、見えるのは釣れないのか。


090620 コイ5

  残念なことに、今年はあの黄金のコイを未だ見ず。
  あいつみたいに1m級なのは居なかったけど、殆どが50cm弱クラスのコイたちばかりでした。


水量が少ないせいで、登るにはキビシイ程度の段差ができてた梵字川の堰堤。
空梅雨のようなお天気も、今夜これからまとまった雨量が望めそうという。
少しはコイたちも、遡上するのがラクになるのかな。
スポンサーサイト

コメント

こういうとこで釣ったコイって、どうなんでしょう?
ただでさえ、コイって泥くさいというか、生臭くて、苦手です。

むかし、じぃちゃんちの風呂場に入ったら、
風呂桶にいきなりデッカイ鯉が泳いでいて、びっくりしたっけ。
そういえば、じいちゃんちでは、
新聞紙で包んだ雉とか、いろんなもんで驚いた記憶が・・・。

>白あずきさん
どうなんでしょ、俺は川魚が苦手なんで、食おうとも思いつかないんですが・・・・。
泥抜きとかすんのかな? そういや伯父はナマズが好きだっけ・・・泥臭くないんだろか。
あ、でも、山形はコイの甘露煮が名物だっけなぁ、
あれは全然臭くないらしい、骨まで食えるそうですよ。
昔って、キジまで食ってたんですよねぇw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/912-1f92b2cf

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。