野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世間では、カラスの行水といえば、
入ったらすぐ揚がってくるような、そんな風呂の入り方を言う。


090823 ハシボソガラス1

  こないだの日曜日。
  岩見川の中洲を見下ろすと、カラスが入浴準備をしていました。
  おいおい、そこで脱ぐんか? 丸見えだぜw


090823 ハシボソガラス2
 
                    ――― ふぅ、いい水加減だぜ


090823 ハシボソガラス3

                    ――― どれどれ、どこが一番汚れているかな


090823 ハシボソガラス4

                    ――― あ~、さっぱりした・・・・・かな?


090823 ハシボソガラス5

                    ――― いやいやもっと念入りに洗おうぜ
                         オレサマは綺麗好きなんだよ!


090823 ハシボソガラス6

                    ――― さぁて、そろそろ上がろうかな


どうやら 「カラスの行水」 って慣用句は、前提そのものが間違いだったようです。
だって、スッゲー長っ風呂だったもんw
スポンサーサイト

コメント

なるほどー!
カラスは意外と長風呂なんですね。
勉強になりました。

大昔見たことがあるんですが、雀はとっても「烏の行水」でしたよ。
鳩は無警戒の長風呂で、水たまりにずーっと座っていました。
「い~い湯だな~」てな感じで。^^

>fumiQさん
へぇ、スズメってカラスの行水派なんですか!
我が家に来るスズメッこは、砂風呂大好きですね~、畑にゃ窪みがポコポコw
しかも長風呂?なので、しまいにゃ姿が見えないくらい凹んでいきます・・・・・塹壕ですかってな勢い^^;
鳥さんも種類によって風呂の入り方が違うもんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/952-24e60aa5

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。