野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日が休出だったため、またしても週休一日だった先週末。
前の日寝たのは9時過ぎだというに、起きたら7時、それでもまだ眠い。
だけどどうやら外は晴れ、こりゃ散策に出なくちゃ、と。

風はほとんど無く、梵字川の水は先日の大雨で増水中。
合流点の近くの広い淵となったところ、その葦の茂みに漂流ゴミが溜まった場所に、


091108 サケの死骸

  サケの死骸が。


季節柄、もう来てるのは分かってたんですけどね。
なかなか休みと天気が合わず、実際に梵字川で見つけるのはこの日が初めて。


091108 サケ1

  梵字川の堰堤(段差)の上には、サケの姿が。
  増水中の梵字川は、堰堤の段差もなくなって登りやすかったんだろな。


そこから視線を真っ直ぐ対岸に、


091108 サケ2

  やはりサケの姿、しかもカポー。
  堰堤の上は水流の影響で川床が砂利敷き、サケの産卵にはうってつけ。
  体を寝かせ、ニンゲンでいうところのバタ足で、一生懸命に産卵床作り。
  しかし増水した川は水の流れも速く、バシャバシャしてる間に自身が流されて行きますw


そうして何度かバタ足を繰り返し、出来た産卵床。
そして、小刻みに震えて、産卵。
サケが産卵している瞬間を、初めて見ました。


091108 サケ3

  産卵した瞬間から、集まってくるウグイの群れ。
  せっかく生んだ卵を獲られまいと、追い払いつつ急いで砂利を被せにかかるサケ。
  二匹の協同作業は、見ていて心の裡に迫るものがありました。


このあと彼らは、どれくらい生きて我が子達を守れるだろう?
彼らが守った子等が川を降り、ふたたび還るその日まで、
梵字川はその姿を変えることなく、在り続けていられるのだろうか。
増水して濁った水の下のあちこちで、ヒトには見えないだけで沢山のサケたちが
次代に命を託す行為をしていればいいと思った、今年のサケの季節。
スポンサーサイト

コメント

すごい! 産卵シーン目撃ですか!
ほぼ毎年盛岡で鮭の遡上を見てますが、まだ産卵シーンは見たことないなー。
というか、見る方が稀ですよね。

今年はあんまり見なかったなー。
でも、毎年見られることが、まず幸せなのかも。

>白あずきさん
産卵シーン、「あ、テレビと同じだ」 と思いましたね、当然なんすけど^^;
逆に言えば映像で見知っているから、すぐに産卵してると分かったわけですが。
今年は雨が多いせいか、こちらでもあまりサケの姿を見ることがありません。
もしかしたら雨の所為だけでなく、実際に年々減ってきてるのかも・・・・(´・ω・`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/986-c6fe17cc

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。