野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、初秋の野歩き、花散歩。



110911 イヌゴマ?

  まだ緑濃い野にあって、密にピンクに咲き目立つ花があった。
  寄ってみると・・・・イヌゴマか? うーん、模様が意外とキモイw


110911 ツルボ1

  あの黄色い桜の木のある、少し低くなった草原。
  常に桜の木が陰を落とし薄暗い中で、目を惹くピンクの盛り。
  ツルボは長い花茎の、下から上へと咲き登る。


110911 ツルボ2

  それを真上から見てみると、ピンクでもなく薄紫でもなく、微妙にも様々な色合い。


110911 ミコシグサ

  ゲンノショウコの花がミコシグサの祭り舞台に替わるのは、いつごろか。  


110911 アキノノゲシ

  秋の野は、赤く青くそして白く、紫がかった花が多い。
  だけど、こうして別の色彩で咲く花もある。
  とはいえそれは強くなく、淡い、やはりどこか紫味を帯びた、優しい色合い。
  アキノノゲシの花は、やはり秋という季節に沿った花。


110911 イタチハギ

  ときに初夏の花が思い出したように、咲くことはあっても。
  

豪雪に大地震、早すぎる梅雨明け、長い夏。
それでも季節は変わることなく移り往く。
今、野は秋を迎え、秋の花たちが野を飾る。
そこに根を下ろし、咲くと決めた場所で、逃げることなく。

地震に伴う原発事故から、半年。
人はそこから逃げ出せるけど、そこに棲まうものたちは“原発事故”を知っているだろうか、知って逃げ出せるだろうか。
きっとそこでただ黙って芽を出し葉を伸ばし、花を咲かせていることだろう。
虫たちは知らずに黙って草を食べ、捕食し、そしてその地で一生を終えるだろう。
鳥たち動物たちは知らずその土地に来て、棲み子育てをし、生きていくことだろう。
あるいはその中で、何らかの異状や異変を感じ取るかもしれない、
だけど彼らは、そこに居続ける、ような気がする。
それを思うとなんだかやりきれなく、切なく哀しくなるのだ。

そんなことを思いながら歩いた、大地震から半年経った9月11日の、散策。
前週は台風の影響で野に出れず、その後の気温の低下ですっかり秋らしくなったであろう、フィールド。
ずいぶんと久しぶりのような気がした、9月に入って初めての散策。


110911 不明種

  チガヤの藪の中、埋もれるように隠れるようにひっそりと咲く、おそらくは初夏の花。


110911 ヒマワリ

  夏の忘れ形見か、庭先から逃げ出したのか、土手にぽつりとヒマワリの花。


春先には黄色が、夏には様々な色彩の花が、咲く。
だけど秋の花は、なぜか紫系の花が多いような気がする。
赤みの強い、あるいは青みがかった、さらには色味が差すか差さないかというくらい白い紫。


110911 ヤマハギ

 しかしそのどれもが、秋を湛え周りに溶け込む優しい色。
 一見きつそうな色合いのヤマハギでさえ、周りの景色に溶け込んでいる。


110911 ミズヒキ

  ミズヒキといえば、赤。
  しかしその赤は、緑の野にあって決して悪目立ちしない。

  
110911 ソバナ? ツリガネニンジン?1

  大きな株になりたくさんの釣鐘を下げる花でさえ、うっかりすると見逃しそうになるくらい野に馴染み。
  野の緑色を構成する色のバリエーション、そんな慎ましやかさ。

  だけど、その緑の中に花を、華を見つける楽しみ。


110911 ソバナ? ツリガネニンジン?2

  朝露の中にも、花が咲く。


まだ夏の名残があり、とはいえ秋を待ちわびて咲き出した花もあり。
野はこれから、夏よりも賑やかな、そして趣きある落ち着いた花たちの饗宴が、始まろうとしている。

ということで、続く。
8月最後の日曜日。
梵字川の土手道を歩くと、そこかしこに秋の気配。
家の近くの野原にはヒヨドリバナがまもなく一斉に咲くための待機をし、ススキが穂を出し始めている。


110828 ツルマメ

  土手道のどん詰まり、鉄橋とぶつかる空き地では、ツルマメの花。


110828 ギボウシ

  生い茂る藪の陰、ギボウシが意外と目立つ花を咲かせ。


110828 ツユクサ白花

  途中寄った墓所の隅、ある一角だけに白いツユクサが群れ咲いて。
  あ、ホントに白いんですよ、俺の腕がヘタクソで白飛びしたわけじゃない。


110828 ツユクサ

  だって、普通のツユクサは、こんなに青いんですから。
  てか何で白いツユクサ・・・・・別物みたいだ。


110828 ヌルデ花

  岩見川の土手道には、ヌルデがずらり。
  その花はまるで泡のよう、そして、


110828 ヌルデ実

  実が生ると・・・・・オパーイの集団にw


110828 アキノノゲシ

  ああ、野はいつのまにか秋なんですね。
  たとえ気温がまだ高かろうと、野に生きる草花たちは、ちゃんと季節の到来を知っている。
  アキノノゲシの淡い花色が似合う季節、秋は知らず来ていたんだ。


そういえば、と思う、いや全然関係ないんだけど。
今年の夏は比べれば、去年より暑いと感じなかったな、と。
毎年の“猛暑”に体が慣れてきたのか、それとも本当に今年は去年より暑くなかったのか。
とはいえ夏の始まりがそうとうに早かったので、暑い期間は長かったんだよな。
そんな夏ももうすぐ秋に交代、いつかこの暑さが懐かしく思える日々が来るんだろうなー。
八月に入り、一年でもっとも暑い時期のころ。


P1480659.jpg

  今年、30ン年ぶりに竿灯を観に行きました。
  基本、提灯には旧町内の紋や企業出竿であれば社章などが入りますが、
  震災のあった今年は例外的に、「がんばろう東北」の紋を入れることが認められ。
  伝統の祭りとそこに込められた思い、示す意義、そして作り出す異空間。
  五穀豊穣・邪気払い・そして今年はとりわけ鎮魂と再生復興を祈り、光の稲穂が踊りました。
  差し手の妙技、笛や太鼓の音、フェスティバルであると同時にセレモニーである祭り。
  定位置についた竿灯が一斉に立ち上がった瞬間は、思わず涙ぐんでしまいました。


そんな、竿灯祭りの最終日。
翌日は早起きできずに、庭をちょろっとだけ徘徊。

  
P1480664.jpg

  昨年は庭に入るたびに虫に食われ、今年もそうなんだろかと躊躇気味。


P1480665.jpg

  さいわいにも、この高温とカラカラ雨なし天気のせいか、どうやら蚊の発生はあまりないもよう。
  ま、雨がないってのは、同時に庭の草花も元気がないってことですが。


P1480674.jpg

  畑に廻ると、落花生の濃い黄色い花が。


P1480676.jpg

  ヒオウギの夏らしいトロピカルな花も、今年はちょっと不作気味。
  やはりここらで一雨欲しいところ。


P1480677.jpg

  暑い夏には、こんな涼けやかな色の花もいい。


P1480671.jpg

  だけどやっぱり、暑い夏ならトロピカな花!
  百日紅の華やかさに、ちょっとは暑さを我慢できるかも?


そういえば、竿灯の開催中は必ず、1日は雨に祟られるはずだったんだけどな。
今年は4日間とも、一度も雨が降らず、珍しい年。
たまには雨が欲しい、例年以上に長い秋田の夏。
やることやりたいこといっぱいあったのに、どうにも疲れが取れなくてグータラしてた、土曜日。
さすがに家から1歩も出ないのはどうかと思い、ちょろっと庭を徘徊。


110611 チャイブ

  ナナカマドの下の花壇に、あれ?こんなの植えたかな、という見慣れぬ花が。
  あぁチャイブか、そういや数年前植えたっきり、忘れてた。
  たまに葉を摘んで小口ネギ代わりにしてたけど、花を楽しむ手ってのもあるんだな。


110611 クレマチス

  去年はひとつ萎むとようやく別が咲く、といった感で、なんともさみしい咲き方をしていたクレマチス
  植えて3年目にしてようやく、複数咲きができるようになりました。
  ・・・・・アップにすると、けっこうコワイw


110611 ルピナス

  上からシリーズw
  寸詰まりでがっしりとした体格のルピナス(我が家のだけか?)も、見方を変えると可憐な姿に。

  
110611 ミヤコワスレ

  ミヤコワスレの群落は、庭のあちこちに。
  こちらは赤花、大勢を占める紫花の中にあって、ちょっと華やかな彩り。


110611 セイヨウジュウニヒトエ

  家の裏手に廻ると、日当たりの悪さかジュウニヒトエがまだ咲いていた。
  

110611 グラウカ・フェツスカ

  グラウカ・フェツスカの花穂は、蒼とも緑ともつかぬその葉の海の中でゆらゆらと。
  風の抜ける森の中の草原、木陰のイメージ。


もう少し経てば、また花が増えてくるはず。
ツルバラの蕾はいっぱい、ギンギウムもニョキニョキ花茎を伸ばし。
そして、虫たちの大好きなあのクサイ花の木も蕾がいっぱい。
・・・・・今年は蚊が少ないといいなぁ。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。