野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例年ならもうとっくに梅雨入りしているはずなのに、雨どころかピーカンの晴天の下を歩いた、
今日ではなく先週の日曜日の散策。
俺んとこの集落は前の週に草刈を済ませていたらしく、そしてこの日はばあちゃん家の集落の草刈日。
梵字川の土手や河川敷を、10台以上の草刈機が、盛大な騒音をたてて草を刈っていた。
うーむ、これじゃ鳥さんや手近な虫は期待できないかな。

ようやく集落を抜け、あとは人家のない土手道。
草刈機はもう、来ない。


110619 クワ

  そんな、難を逃れた土手の桑の木
  熟した黒い実はまだまだ、それどころか赤くすらなっていない白い実が沢山。
  これらが食べごろになるのは、いつなんだろう。


もうしばらく先かな~、なんて思いながら、土手道の桑の木々を見て歩く。
と、対岸で風のせいではない、葉の揺れが。


110619 ホンドリス1

  けっこう離れてたんだけど、すぐに原因が分かる揺れ。
  そう、ホンドリスでした。


110619 ホンドリス2

  何やってるんかな、何食べてるんかな、と見つつ思い当たる。
  あ、桑の実かぁ、まだ熟してない赤い実を採ってるんだな。
  もう少し待って黒く熟させた方が美味しそうなもんだけど、リスの味覚は違うのかな。
               ――― 先手必勝、桑の実 山の幸は早いモン勝ちだぜ
  なんかそうとでも言ってそうな表情w


今年はどの桑の木も、沢山の実を付け。
あとは熟すのを待つだけ、待つだけなんだけど・・・・・。
先手必勝でリスたちに取られちゃうかな、それでもいいか^^
まだ宣言もされていないのに、じゅうぶん梅雨空っぽい空の下を歩いた、6月最初の週末のこと。
そういや、今年は去年にもましてアマガエルたちの姿がないな。
これじゃあいずれ来るアカショウビンたちも困るだろう、そんなことを思いながらの道行き。



110605 トノサマガエル

  梵字川の堰堤下のコンクリ護岸、その壁面にペタリとトノサマガエル
  へぇ水から上がったトノサマガエルなんて、久しぶりに見たよ。
  ってか、水から上がるとけっこうナマナマしいのなw


110605 シュレーゲルアオガエル1

  岩見川の土手道へ上がり、散策のゴール地点のオオヨシキリ銀座へ。
  そしてその戻り道、ふと目に入った明るい緑色のお饅頭。


110605 シュレーゲルアオガエル2

  真ん丸くなった、Mr.シュレーゲル氏ことシュレーゲルアオガエルでした。
  

へぇこの時期にミスターを見かけるとは、なんて思いつつ、
そうだいっそ捕まえてみよう・・・・・親指の上で、それまで以上に丸く納まりちんまり居座るミスター。
うーむ、大人しいというか警戒心がないというか、大物というか、やはりアマガエルと違う性格。
充分に堪能したあと、再び葉の上に戻そうとすると、


110605 シュレーゲルアオガエル3

  急に下ろされてさすがに慌てたのか、こんなことに^^;
  よっぽど焦ったんでしょかね、ふだん眠たげな目が大きく見開いてしまいましたw


さて今週末は、というと。
ちょっくら走ってきました。
そのオハナシは、また後日。
5月の真ん中、連休明けの次の週末。
散策兼ワラビ採りにと、早朝に家を出る。
梵字川の土手道を足元を気にしながら歩いていると(田植えの時期なんで土手道は泥だらけ)、


110515 カタツムリ交尾

  道の真ん中に、カタツムリが2匹。
  それも交尾中、へぇ~初めて見たよ。
  ってか、そこでするかw


さらに歩き、ばあちゃん家の集落から先の土手道はわりと乾いて歩きやすい。
例の黄色い桜の樹にしだいに近づき、目線を送ると、
そのそばのクルミの樹にチョロチョロと走り回る、何かの影。


110515 ホンドリス1

  リス(ホンドリス)でした(・∀・)


あまりの近さ、というか目の前だったので、
鳥さん用に望遠にしてたカメラの倍率を、ぐっと下げる。
それでもピントが合わないほどの、近さ。


110515 ホンドリス2

  腕や顔の周りは夏服に着替えたものの、体はまだ冬服。
  耳にも冬の長い毛が残ってて、それがまた可愛い。


110515 ホンドリス3

  今冬のあまりの豪雪に、フィールドにはろくすっぽ出れず、したがってしばらく会えてなかった。
  今冬のあまりの豪雪に、無事生き延びているか心配だった。
  久しぶりに会えて嬉しかったし、
  意外だったのは、別の樹へ移るのに藪の中を走るんだけど、
  その音や草の揺れがまったくしなく、あっという間に違う樹に登っている技術。
  生きるってすごい、生き延びるためって、すごいと思った。


ところでこのリスさん、どうやって梵字川の対岸の山からこっち側へ来たんだろう?
まさか、集落の橋をニンゲンよろしく渡ってきたのかな。
どこまで行くんか知らんけど、帰りも気をつけろよー。
  
連休明けて、すでに3日。
あれしとけばよかった、これもしとけばよかった、とちょっと充足感の足りなかった連休と反省。
まぁ過ぎてしまったものはしかたがない、週末までがんばりますか。


その、連休後半は、みどりの日。
今年初のワラビをゲットした、散策の戻り道のこと。
梵字川のブロック護岸の上を歩いていると、脇の草むらにデッカイ野○ソが。


110504 シマヘビ黒化型1

  と思ったら、ヘビ。
  それもシマヘビ・・・・・・やたら黒い。
  いわゆる「シマヘビ(黒化型)」というやつですかね。


110504 シマヘビ黒化型2

  もちょっと寄ってみた。
  そばにいるもう一匹のシマヘビ、こちらはやたら白い。
  白黒2匹して、なにしてるんすかね。


じつはこのとき、うっかり写真には撮らなかったけど、
1mくらい離れた場所にもう一匹、それが赤いのなんの。
白黒赤と三色揃い踏みのシマヘビ君たち、どうしてこうも色の差異がでたんでしょうかね。


110504 シマヘビ黒化型3

  白いシマヘビ君には早々に逃げられたので、黒化型さんをターゲットに。
  なんと、シマヘビといえば赤いオメメが特徴的なのに、
  黒化型は目も黒いんですね。
  そして、チロチロ出してた舌も、真っ黒でした。


110504 シマヘビ黒化型4

  手を出したら、さすがに逃げられました。
  体の後ろ半分は縞も見えず、真っ黒。


110504 シマヘビ黒化型5

  まぁ逃げても、俺は追っかけるんですけどねw
  存分にその黒さを見せてくれたあと、やれやれという感じで穴に潜っていきました。
  真っ黒クロスケ君、ありがとー。  


そういえばあの震災から、ちょうど2ヶ月の今日。
季節はずいぶんと暖かくなりました。
時の経つのは早い、だけどじりじりと時の過ぎるのを待っている人たちもいる。
この春の陽気が、辛く強張った皆の心の裡をも温めてくれることを、切に願う。
土曜日。
山菜の下見がてら散策に出ると、土手道でスルスルと動く物体発見。
わおっ! と見たら、シマヘビ君。
この日は風が強かったものの、気温は朝から高め。
そうか、ヘビも出てくる気候になったんだなぁ。


110423 シマヘビ1

  しばらく歩くと、またもシマヘビ君。
  こちらは微動だにせず、温まったススキの枯葉の上で日光浴?
  さてどこにいるか、判るかな。


110423 シマヘビ2

  珍しく逃げてかないんで、近づいてみた。
  赤い艶やかなオメメが、とってもキュート。


110423 シマヘビ3

  左に寄ってみて、さらに近づいてみた。
  と、このあとさすがに逃げられ・・・・・シッポを踏んで確保しようとする俺w
  だがしかし、シマヘビ君ものすごい力で前進しシッポを靴の下から抜こうとする。
  手足もないのに、どうやって踏ん張ってるんだ?どうしてそんなに力が出るんだ?
  なんだか申し訳なくなって(というかシッポ千切れたらコワイので)、足を上げ逃がしてやりました。
  ごめんよー。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。