野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の庭には、コハゼの木が2・3本ある。
もともとあまり大きくはならない木だが、さすがにまだ小さすぎて、
全部の木から実を摘んでも、たいした量にはならない。
だが俺は知っている、近所に大量の、しかも結構大きなコハゼの木が生えている場所を。
・・・・・・・なんてことはない、ばあちゃん家なんすけどねw

いつごろ植えたんだろうか、たぶん家を建て替えて以降のはずだ。
だとしたら’70年代後半以降か。
そして植えた犯人は、じいちゃん。
あのヒトは面白いと思ったら何でも植えてたからな(世話をしないけど)。
そんな、じいちゃんの酔狂ついでに植えられた、さまざまな果樹のひとつ、コハゼ
3連休の最終日に、俺はおふくろと共に摘みに行った。


091012 コハゼ1

  いったい何本あるんだろう? コハゼの木は紅葉も美しい。
  そして、ありえんほどに実ってる黒い粒。
  うわー、これ全部なんてとても取りきれないぜ。


もちろん、近所の人が毎年収穫に来る。
そのお礼は、キノコやら酒やら、その時々でさまざまらしい。
亡きばあちゃんは、コハゼの実というと漬物くらいにしか使わなかったので、
どれだけ摘まれても構わなかったらしい、というか生りすぎw


091012 コハゼ2

  あまりの量の多さに、2本の木からしか摘んでない、それもつまみ食い程度。
  しかも、摘んだはずの実は掌から半分こぼれ、袋に入れるときには半数になってるという有様。
  ・・・・・なんて不器用なんだ俺。


結局、単調な作業と目の前の実の多さに音を上げて(飽きてきてw)、俺とおふくろは早々に退散。
ばあちゃん家のコハゼの実は大した数も減らず、きっと今も黒い実をぶら下げていることだろう。
近所の人たちが採りに来ても、まさかあれを全部採れるハズがない量だしな。


091012 コハゼ3

  スーパーのビニル袋(大)に、ふたつ。
  ・・・・・・葉っぱが多いようにも見えますが、じつはスゴイ量。


家に戻り、まずは1袋を、


091012 コハゼ4

  葉っぱやゴミを取り除きつつ、大量の塩で洗う。
  その後は、いつのまにかジャムになってました(・∀・)


残りの1袋は、おふくろが少し前から行ってるバイト先にあげたもよう。
無農薬(というか放ったらかし、ほとんど野生w)なので、きっとお店に出るのかも。
さっきサイトを覗いたら、頂き物としてUPされてましたw


ところで完成したジャムですが・・・・・。
当日味見しただけど、その後姿を見てないよ(´・ω・`)。
おーい、ドコ行っちゃったんだ~?
  
090816 アピオス1
 
  我が家の畑には今年、ヘンなものが植えられました。
  いや、毎年植えてるな、何がしかヘンなものを。
  しかしこれは異様、馴染みがない。
  なにせ俺が探し出して植えたものではないから、
  いったいどんなモノが収穫されるのか、全く見当がつかない。


090816 アピオス2

  しばらく前から咲いていて、なんだかマメ科っぽい花。
  収穫できるのは豆、なのか?


090816 アピオス3
  
  お決まりの “上からシリーズ” w

  
090816 アピオス4

  しかしヘンな花、しかも臭い(´・ω・`)
  なんつーか、プラスチックの腐蝕したような匂い?


じつはコレ、アピオスというマメ科の植物。
マメ科というけれど、食すのは芋。
こんな華奢なツルの下に、ポロポロと芋が生ってるらしい。
そしてコヤツの出身地は、叔母の家。
何だかシランが、「植えでみれ」 と春先に無理やり持たせられたらしいw

このアピオスというナゾの植物、じつはすんごい効能があるとのこと。
全く知らない野菜?だったんで、ちょっとググってみた。
で、こちらに詳しく書いちょる ⇒ 「アピオスって?
ってか、ここで説明しろよ俺^^;


090816 アピオス5

  見た目だけでいうなら、まるで北国の畑には似合わないような感じの植物。
  さてはて、どんな感じの芋がコロコロできてるんでしょうかね。
  そしてそのお味は!?
  ・・・・・・収穫はまだまだ先のことのようです。


   《 お ま け 》
  
090816 南蛮

  今年は唐辛子(南蛮)を2種類植えました。
  こちらは長ーいタイプ、本来は青いうちに収穫して食べちゃう種類。
  けど一度食べたらあんまし辛くて、収穫せずに放置w
  したら赤く染まってきてました。
  このまま熟させて、保存用にしましょかね。


うちの会社、従業員に新型インフル者が出まして。
で、大げさというかカッコツケだけはイッチョマエな会社、
さっそく物々しい体制が敷かれました。
俺も今日からマスクマン! ってか従業員みんなマスクマン。
・・・・・俺らが引いてるわけじゃないのに (むしろ苦しくて体調崩しそうだ)。
はぁこの体制、いつまで続くんだろ(´・ω・`)
梅雨とはいえ、ちっとも雨もよいでない、このごろ。
そんなお空の下、かねてから念願の・・・・・・。



090627 七輪

  ということで、憧れw の七輪を買ってきました。


庭でバーベキューはしたいけど、小屋の二階からわざわざセットを降ろすのは面倒。
ちょっとした合間、思いついたらすぐ出来そうと、前々から欲しいと思ってたのでした。
そんなわけで昨日さっそく、昼間から七輪BBQ^^



090627 点火

  着火剤を敷き点火、その上に短く切った炭を重ねます。
  七輪は小さいもんね、そのままじゃ炭は入らんから^^;


火が回るまでの間、食材準備。


090627 ホタテ¥198@4個

  まずは、こちらも俺の憧れw ホタテです。
  なんで憧れっかつーと、我が家では食卓にホタテが上がらないんです。
  毎晩飯を食いに来る伯父が、ホタテ×なヒトなんで・・・・とばっちりですな。


090627 ホタテを焼く

  七輪には、3つしか載りません・・・・あるイミお手頃。


090627 ホタテ食べごろ

  バターがなかったので、代わりにマーガリンと醤油で味付け。
  ・・・・・・・・・・・ウマー!!!
  いやぁ~、ホタテってこんなに旨かったんだな(感涙


090627 犬視眈々

  七輪を囲む人の隙間からは、犬がヨダレをダラダラ虎視・・・いや犬視耽々w


090627 牛スライス

  次に焼いたのは、厚さ2ミリほどの、自称“ステーキ”なるもの。
  ・・・・・どう見てもただの薄切り肉でした。


心地よい風に木漏れ日、昼ビールにBBQ・・・・・最高っすね^^
弟と二人で七輪囲んでたら、段々と食材が品薄に。
    ――― 白モツとか、臓物系食いて~
買ってくれば、とそそのかし、
急遽、飲んでない弟が近くのスーパーに走る。


090627 ステーキと豚タン

    ――― あそこのスーパー、肉なんも売ってねがった
  あ、モツ系ないのか・・・・・普通に厚めのステーキ肉豚タンをゲットしてきました。


そこそこ腹いっぱいになり、お開き。
残った火炭は、畑の隅を掘って埋め。
しかし、ほんとにお手頃、準備も片付けもラクチン、サッと始められてサッと終われるw
ちょっとしたスペースでもできるし、
皆さんも、こんなBBQなんて、どうですか^^
  
秋田でタケノコといえば、一般に細竹。
チシマザサの若芽ですな。
地域によってはナワシロタケ(ナシロダケ)、ネマガリタケとかとも。
山形なら月山タケ、というのも有名。
ともあれ小さいころから、タケノコといえば細竹のことを指してました。

俺的に山菜の季節も終盤、締めはといえばやっぱりタケノコ採り。
というわけで行ってきました、夜中は2時に起きて。
・・・・・おふくろが起きて来ん。
結局家を出たのは3時半、しかも雨降ってるし(涙

片道1時間半、およそ110キロ掛けて行ったは、タケノコのメッカ・玉川。
奇湯・玉川温泉のある辺りです。
自分の“なわばり”目掛けて勾配のきつい曲がりくねった道を車で走っているとき、それは起きました。

路肩に止めた車のハッチバックに、男性が顔に手を当て仰向け気味に座っていたのを見たのです。
俺は運転手、しかも急カーブ連続の隘路、一瞬だけしか目が行かず、
単に赤い服着たオッサンが、早出で上がって休憩中なんだなと見えたんですが・・・。
助手席に座っていたおふくろは、しっかり見たそうです。
血だらけの、その様子を。
   ――― ちょっと、もしかしてクマさヤラれたんでね? 血だらけだやー!
え、とは思いましたが、確かにここはクマが出る。
前回来たときも、山に入ったとたん 「クマ出だどー!」 の大声を聞いてるし。

もはや本降りの雨の中、どうせ汚れるんだし濡れてもいいやと山に入ってすぐ。
山の下から、救急車のサイレンが。
あー、さっきの人だろうなー。

で、肝心のタケノコはというと・・・・・・なーんもねー!
もうね、何しに来たのかというくらい、見事にナイ。
もはや単なる山歩き状態、いや道がないのでむしろ修験の山岳行w
何すっべー? とおふくろと、沢を渡って向こうへ探しに行くかと話していたら・・・・。
突然の、強烈なケモノ臭。
ヤバイ、ヤバイって! だけどそこはさっきから俺たちがウロウロしてるトコロ。
何故急にケモノ臭がしたのか訳もわからず、とにかく急いで大声を出しつつ山から上がることに。

途中、温泉と缶詰屋に寄り、家に帰りつくとお昼前。
昼間のローカルニュースで今朝のことが出ないかと思ったら、案の定。
やはりあの血だらけの男性は、クマにやられた方でした。
きっと、明日の朝刊にも記事が載ることでしょう・・・・ご快癒お祈りいたします。

で。


090606 細竹1

  本日の収穫・・・・・・チョ~少ねー(涙
  俺とおふくろとで、リュック1袋にもならん侘しさ。
  俺にタケノコ採りを教えてくれた親父に申し訳ない、ってかあんまり少なすぎて笑ってるかもw


090606 細竹2

  あまりにも少なかったので、生えてるものは選ばず手当たり次第。
  細いの極上に太くて立派なのチビこいの、玉石混合です。
  親父だったら絶対採ってこないのもあるし、やっぱ天国で笑ってるだろうな(´・ω・`)


ささやかな量のタケノコ、皮を剥くとさらにささやかな分量になってしまいます。
それでもまずは保存優先と、皮を剥いて缶詰作りの準備です。


090606 缶詰準備

  タケノコは、缶の高さに合わせてチョッキンコ。
  もちろん根元の方も、缶詰にしますよ^^
  ここで重要なのは、缶にはビチビチに詰めること。
  切りそろえはおふくろ、缶詰めは俺がやりましたが、
  ビチッと詰めるのって、けっこう難しいのな。


090606 缶詰に詰めた

  缶詰屋さんから借りてきた缶は、10個。
  まぁ6缶出来ればいいかな、と思ってましたが、
  最終的には7缶 (根元1缶分を含む)・・・・・備蓄用には全然足りん(涙
  いずれにせよ、明日はこれを缶詰にしてもらいに行かなきゃな。


あまりにも細いのやチビたの、余った根元の部分は、晩飯用に。

090606 タケノコ根元の天麩羅

  タケノコの根元を細切りにした天麩羅と、


090606 タケノコ汁

  タケノコと豚バラ、豆腐の味噌汁です。
  汁はしょっぱ目だけどダシはしっかり出てるし、何よりタケノコが甘~い^^
  具を食ったあと、思わず残った味噌汁をゴハンに掛けて掻き込みたくなりましたw


さて、来週末はどうするか・・・・。
おふくろ、すっかりクマにビビっちゃてるからなぁ。
さてGWも後半、俺にとっちゃようやくの連休らしい連休の初日。
内々より計画してた、“山形に味マルジュウを買いに行こう”ツアーへ出発w

昨年の秋、味マルジュウで作った本物の芋煮を食べさせたところ、
すっかり芋煮ファンとなったおふくろ。
今年は畑もサトイモの植え付け面積が増えw、もちろん味マルジュウにも味を占めw
おまけに叔母からも仕入れ?を頼まれたもんだから、はるばる山形へ買出しです。

山形は新庄市のヨークベニマルで、ラッキーなことに特売中の味マルジュウ2ℓを5本ゲット。
帰りに 「谷口がっこそば」 で昼飯、俺は板そば大を注文。

で、今回の本題はそれではなく^^;

例によって遠出すれば、必ず寄る「道の駅」。
もはや “山形に味マ(以下略” ではなく、道の駅巡りツアーと言っても過言ではないw
そんな、寄ったひとつ 「道の駅・十文字」。
ここはいろいろヘンなモノが売っている。
初めに目に付いたのは、「秋田犬の鼻くそ」・・・・という名のチョコボール。

そしてなによりご当地モノといえば、


090502 横手やきそば

  B級グルメ/横手やきそばの・・・・・・・「マズイのにスゲー売れてます」、ドロップス。
  あの、サクマ式ドロップのパロディですね。
  あとを引くマズさ、文句は食べてから言えってかw


090502なっとう汁

  「二度と出会えない味」 なっとう汁のドロップス。
  “食べて感想をお聞かせください” って・・・・・。
  二度とどころか、一生知りたくないようなw

  

090502 いぶりがっこ

  「しかも意外とウマイんです!!」 いぶりがっこドロップス。
  ホントですか? 信じていいのかなぁw



090502 稲庭うどん

  秋田土産の高級品、稲庭うどん
  その味のドロップス、「一粒であのノドゴシがよみがえる!?
  “!?” が付くあたり・・・・・w



090502 きりたんぽ鍋

  そして秋田の味・代表格、きりたんぽ鍋
  「一粒のあめ玉で『鍋』を味わえる時代」 ってw
  


090502 ジンギスカン

  番外・北海道バージョンもありました、ジンギスカン味のドロップス。
  「冥土の土産」 ってのが泣かせますw
  そういや以前来たとき、「“ご当地名物最大の失敗作”札幌ラーメン味」ってのもあったなぁ。



で、無難なトコロで、
  
090502 いぶりがっこの正体

  いぶりがっこを買ってきました。
  見た目はフツ~な感じの飴ですね。
  これ、しょっぱいスモーキーフレーバーなんだろか、勇気がなくて、まだ舐めてません^^;
  会社の後輩に毒見させてからにしよっとw


こちらの道の駅では、珍しく赤コゴミが売ってました。
山形に住んでたころ、普通のコゴミとは全然違う触感・違う風味に感動を覚えた味。
まさかこんなところで会えて嬉しくてゲット、先ほど晩飯で美味しくいただきました^^
さて、明日は何しよっかなー。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。