野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンワン。
我輩は、犬である。
名前はチャチャ、どういうわけか今のご主人はときおり “チャコ” と呼ぶ。
まぁどっちでも我輩は反応してしまうが。

我輩が前のご主人に出会ったのは、かれこれ10年前。
ご主人のムスコが我輩を “サンゼンエンデモラッテキタ” と、ご主人に召し合わせたわけだ。
我輩を大事に育て、しっかりと教育し慈しんでくれたご主人は、もう居ない。
あるときから滅多に会えなくなり、雪の日に静かに帰って来たのを最後に、いなくなってしまった。

今のご主人は、その人のオクサンだ。
そう、我輩をチャコと呼んだりと、けっこういい加減なニンゲンである。
だけどオヤツもくれるし、散歩にも連れてってくれる。
もちろん我輩は、オヤツを仕舞ってある場所はちゃんと知っている。
知っているが自分では漁らない、くれるまでじっと待つ・・・・仕舞ってある場所の前で。

言い忘れたが、我輩の住む家には、もうひとりニンゲンがいる。
前のご主人がいるときは、たまに見かける程度だった。
そのご主人に滅多に会えなくなって、今度はそいつが顔を出す機会が多くなった。
そしていつの間にか毎日いるようになり、今じゃ毎朝晩、我輩に声をかけてくる。
滅多にオヤツをくれない奴だが。


081130 チャチャ1

  それでも顔を出すと、ついオヤツを期待してしまう我輩。
  なんとも哀しい性だ。


081130 チャチャ2

  “オチツキノナイヤツダ” よく言われるが、
  我輩もたまには、こんな真剣な貌をするのである。
  ・・・・・まぁ、オヤツ棚を見つめているだけだが。


少し前、今のご主人が我輩に被り物を作ってくれた。
寒くなってきて震えている我輩を見て、“フクツクッテアゲタカラ、コレキテサンポシヨウネ”。
確かに温かい、しかし不恰好だ。
犬生、見た目ではないとは思うが・・・・改良の余地はありそうだ。
ただ我輩の意見は聞いてもらえそうにない、今も毎日それを来て散歩している。

そういえば、もうひとりのニンゲンが居ついたときに、
一緒に来た奴がいた。
ときおりそいつは、屋根の上を徘徊している。
我輩は見つけると、吼えて家人に奴の存在を知らせようとするのだが、
家人はもちろん、くだんの奴も一向に気にも留めない。
聞けば、奴の名前もチャコというらしい。
迷惑な名前だ、我が家には “チャコ” は我輩だけで充分だ。
いや我輩の名はチャチャだったな、今のご主人がそう呼ぶから紛らわしいものである。

その、後から来たチャコなる輩、
最近とんと屋根の上に見ない。
聞けば近頃は、


081130 チャコ

  ストーブの前で丸くなっているそうだ。


我輩が小屋の中で寒さに震えているときに、なんという待遇の差。
いやいや忠臣たる犬のお役目は、家の外で守番だ。
不審者が我が家の敷地に一歩でも入ろうものならば、啼いて啼いて啼きまくって撃退だ。
家人にうるさいと言われようとも、それが我輩の仕事。
今日もシンブンヤとユウビンハイタツに啼きまくるぞー!

  (新聞配達・郵便屋さん、それにガス屋さん(以下略)、いつもウルサクてゴメンナサイ^^;)
多分どこの家でもそうだろうが、
我が家のネコは、俺の帰宅を車の音で知る。
玄関に入ればすでに、“待ってたよ~!” と部屋から鳴き声が聞こえる。
二階へ上がり部屋の戸を開ければ、入り口に立ちはだかる巨大な物体。
そいつをまたぎ、とりあえずストーブを点け餌をやり、
俺は晩飯へと居間に下りていく。
飯を食って再び部屋に上がれば、またネコのお出迎え。

そんな感じで、いつも俺を迎えてくれるネコ。
ところが某日、アイツは戸の向こうで待っていてはくれなかった。

部屋の戸を開けると、ストーブの前にじゃんと座り込み、ぬくぬく。
   ――― う、俺フラれた? ストーブに負けたのか・・・。
と、こちらを振り向いた。



071127 チャコ

  何をしてたんか知りませんが、ベロをしまい忘れてましたw


そのベロの面積、過去最大級です。
しばらくそのマヌケ顔のまま視線で俺を追い、
ついでなんで、記念写真。
ネコはよくベロをしまい忘れるけど、違和感ないのかなぁ。



今日は親父の三回忌法要と、墓の魂入れ。
予報ではあまり宜しくない天気とのことでしたが、幸いにも青空も見え風もなく。
これでひと通りの仏事はとりあえず終わったわけで。
まぁお墓は俺の散策コースに程近いから、これからもたびたび訪れることだろう。
仏壇においてあった親父の遺骨がなくなったのは、ちと寂しい気もするが、
ようやく納まるところに納まったということで、まずはひと安心だな。
071020 ナンテン

  土曜日の天気は雨だったので、



071020 チャチャ1

  外に出かけられず、犬と少し遊ぼうかと。



071020 チャチャ2

  おふくろが先週一週間バイトに出ていたので、
  日中ひとりぼっちだった犬は、大喜び。
  俺はただそこにいて見てるだけなのに、嬉しくてたまらないというように転げまくり。



そのうちすっかり俺のコトなんか忘れて、


071020 チャチャ3

  ・・・・・なんだか俺なんか居なくてもいいんじゃないか?
  おまえひとり楽しんでるぞ。



ちなみに家のネコはというと、


071021 チャコ

  こんな感じです。
  同じ日の写真ではありませんが、だいたい毎日こんなモンです。



昨日の午後からようやく晴れ始めたかと思ったら、
今日も朝から雨。
ときおり雨の屋根を叩く轟音とともに、閃光。
会社から帰る直前にも、かなり激しい雨が降り始め、
駐車場に行くまでにびしょぬれ (建物から駐車場まで遠いんです、俺の会社)。
ワイパーをフル回転させながらの道中は、ときどき世の中がピンク色に染まり、
間髪なく 「パリパリパリッ ドーン!」 の繰り返し。
信号で止まっているときには、その地響きに驚き・・・。
そして、世の中が真っ暗になった。
こういうことって、あるんだな。
幸いその地区だけの停電だったみたいだけど (もう復旧したのかなぁ)。
   ――― まだハタハタの来る季節じゃないのにねぇ
とは、秋田で通じる台詞 (分からないひとはググること)。
今年の天候は、どうにも変なようです。
春は抜け毛の季節。
あれだけ抜けて、よくもハゲにならないものだと。
そんなこのごろの、家の猫のワンショット。

070414 チャコ

顔はチョ~可愛いが、
いかんせん、やっぱりオデブちんです。
たまには家の猫のことも思い出しましょか。
いじけられると申し訳ないし。



小さい頃の可愛かったチャコ

  家の猫も、かつてはこんなに可愛らしかった。
  まだ痩せてたし。

あれから数年たち、現在の様子はどうだろう。


070203 チャコ1

  お? あまり変わらない!?
  臨機応変に、コドモに還る猫。
  しかし、カメラ前とはいえ細すぎに見せてやいないかい?


070203 チャコ2

  なにやらベッドの下に潜りだした。
  やはり太っちょにはツライ行為なのか、ちょっと苦しそうw


070203 チャコ3

  頑張ってますなぁ。
  そんなに無理して、何かいいことあるんか?

飼い主としては、いったい猫が何してるか気になるところ。
ちょっと覗いてみよう。


070203 チャコ4

  何ですか、その不遜な顔は。

                 ・・・・・・ふんっ!

  え? なんか俺、悪いことした!?

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。